浮気しない男性はどのタイプ?浮気しずらい男性の気質

浮気しない男

相模ゴム工業株式会社の統計[リンク]によると、日本人の実に21.3%(男女含む)が、現在、浮気をしているそうで・・・。恋愛をしていれば、いつ浮気をされても不思議ではない訳です。

ですが、浮気された時のショックは相当なもの。なにか、自分を否定されたようで悔しいわ、口惜しいわ・・・。ぜひ、浮気をしない男と付き合いたいものです。

そこで、本日は、浮気をしにくい、浮気をしない男性の特徴についてご紹介したいと思います。

プレゼントが質素、奢らないタイプは浮気しにくい

浮気に慣れている、浮気をしやすい男性の特徴として、女性に慣れていることがあげられます。「はじめての浮気かもしれないじゃん!」と思うかもしれません。ですが、そもそも過去に浮気をしたことがなくても、浮気を良しとしてしまう性格の男性は、女性に対して抵抗感がありません。そのため、女性を喜ばせることが得意で、プレゼントの仕方が派手だったり、気前よく奢ったりと、すぐに男気を示そうとします。

一方、浮気をしないタイプの男性は、その点、実直です。

すぐに女性に気に入ってもらおうとせずに、素の自分で勝負しよとするものです。つまり、恋愛を長期戦で捉えています。これは行動面にも表れ、例えば、プレゼントは派手なものではなく、長く使ってもらえるものだったり、奢るのは、あくまでもデートの最後の食事や、記念日のレストランなどハレの日にしかしません。のべつ幕なしにお金を散財したりしないのです。

研究者、職人、理系は浮気しにくい

絶対にとはいいませんが、いわゆる学者気質の人も浮気はしにくい傾向にあります。「大学の教授とか時々色恋沙汰で問題を起こすじゃん!」って思いました?繰り返しになりますが、絶対ではありません。しかし、根が学者タイプの人は、恋愛以外にも興味の対象を持っているということです。

例えば、女性もフト、誰もいない寂しい部屋の中を見回したときに、恋愛したいな・・・。なんて、思うものですが、男性も同じで、心の中にぽっかり穴が開いた時に新しい恋をしたいと思います。

恋愛にはマンネリや喧嘩など、例え、彼氏、彼女がいたとしても心にぽっかり空洞ができる瞬間がありますが、この瞬間に、寂しさを覚えて浮気に走ってしまうケースが多いのです。

その点、学者気質の人は安心です。世界の中心が恋愛ではなく、他に興味の対象があるため、例え心にスキマが出来たとしても、それを埋めてくれるだけの研究テーマが常に存在するのです。

もちろん、理系や研究者、職人でなくても、オタク気質の人は、趣味が恋愛中に開いてしまった心の隙間を埋めてくれますから、浮気しにくい存在になりえるのです。

絶対的に人を信用する人は浮気しにくい

浮気しない男性のタイプとして、すぐに人を信用してしまう、お人よしタイプは、浮気しない性格の男性です。「すぐに他の女に騙されてホイホイついていってしまうしまうかも」、そんな心配は必要ありません。

人を信用することは、言い換えれば、自分の身を相手に委ねてくれるタイプともいえるでしょう。少し頼りない気もしますが、実はこれ、昔の男性はみんなこのタイプだったのです。

一昔前までは、一家の財布を妻が握っている家庭が多くありました。夫はお小遣い制が当たり前で、飲み会などでお小遣いを使い込んでしまった時は、妻の機嫌を取るために、寿司の折詰なんかをもって帰ったものです。

妻に財布を握らせるなんて、相手を絶対的に信頼していなければ成立しない関係です。妻と夫の信頼関係がそうさせたのです。

時代は変わりましたが、すぐに人を信頼してしまう男性は、結婚後、妻に財布を握らせるタイプの夫になる気質をもつ男性です。そのようなタイプの男性は、複数の女性ではなく、一人の信頼関係を築いた女性を大切にするものです。浮気の心配などご無用です。

昔ヤンキーだった人は浮気しにくい

最近ではめっきり見なくなりましたが、暴走族や駅前にたむろするヤンキー達。そんな元ヤン達は浮気しにくい傾向にあります。

ヤンキーの世界は、徹底的な縦社会です。体育会系の極致にありそうな組織形態なのです。先輩やリーダーが言ったことは絶対で、たとえ理不尽なことでも耐えなければなりません。

そこで身につくのは、義理と人情です。成長過程で身に付けた一種のスキルなので、ヤンキーをやめて真っ当な大人になった今でも、義理人情は失われません。

だから、浮気なんて浮ついたことは絶対に信義が許さないのです。元ヤンで浮気をした!なんて人はあまり聞かないのは、そのためなんです。