失敗するな!合コンで男性に聞いてはいけないNG質問5つ



合コン

男女の勝負の場、合コン。合コンでめでたく彼氏をゲットして、そのまま結婚までコマを進めたカップルは数知れず、なかなか彼氏ができないと嘆く女子にとって、伴侶を得られるかもしれないチャンス。絶対に失敗したくありませんよね?

しかし、中には緊張のあまり、思わぬ失言をしてしまい、男性の失笑を買ってしまう人も。そこで、本日は、合コンで男性に聞いてはいけない質問をテーマに、口で失敗しないコツをご紹介したいと思います。

年収は聞いてはいけない

しょっぱなですが、合コンで男性から避けられてしまう人は、もしかしたら堂々とおしゃべり相手の男性に「年収」の話題を振っているかもしれません。

これだけ言って、あぁと納得できればよいのですが、たまに「なんで?」と疑問を口にする方がおりますので、ご説明します。

理由は簡単で、男性に「こいつ、金目当てか」と思われるから・・・。です。

もちろん、相手の収入は誰だって気になりますよね。もしかしたら将来結婚するかもしれない相手ですから、それは興味があって当然です。しかし、男性の多くは、最初から収入ありきで近寄ってくる女性を警戒します。

女性は現実面を気にしますが、男性は恋愛をあくまでラブロマンスチックに捉える傾向があり、女性の現実的な側面が見えた時、かなり幻滅するのです。

できれば、男性の話し方、口調、身に付けているガジェットで、その人の収入や将来性、そして幸せな恋愛を体験させてくれる相手なのかを見抜けるようにしたいものですね。なお、職業を聞くのは意外とOKです。ここから話題を膨らませる方法は常套手段ですね。

過去の恋愛遍歴を聞いてはいけない

男性同士の会話では、過去の恋愛遍歴は、一種の武勇伝となり、盛り上がる話題の一つですが、女性からはあまり聞かれたくないと思っている人は多いのです。

なぜならば、恋愛遍歴を話すということは、自分の別れた原因や、どんな女性と付き合ってきたか、相手に悟られてしまうことになるからです。

男性の目線に立ってみれば、これから新しい恋愛をするために、一人の女性を口説き落そうとしているのに、手の内がバレてしまったら元も子もありませんよね?

それなのに、手の内を見せて!と聞かれているようなもので、「うわ~、嫌な質問をしてくるな!」と思われてしまうのです。

ちなみに、恋愛遍歴だけでなく、彼女いない歴も聞いてはいけません。理由は同じで、絶対に答えたくないランキング上位にくるNG質問です。

ワタシってどう思います?は聞いてはいけない

たまに、自分に自信がないのか?相手の気持ちを探りたいのか、「ワタシってどう思います?」と直球で聞いてしまう女性がいます。かなり、大胆な質問だな~と思うのですが、これ、絶対にNGです。

そもそも、合コンではじめて会った相手のことなど、短時間の会話だけで分る訳がありません。加えて、男性側からすれば、下手に答えれば失望されてしまうし、脈は残しておきたいはずです。

感じることは、「面倒くさい女!」。その一言です。

ワタシのことは、ひとまず置いておいて、相手のことを質問しましょう。

この中で誰が一番カワイイ?は聞いてはいけない

「ワタシって、どう思います?」に続いて、面倒くさい女とレッテルを貼られやすい質問は、「今日のメンバーで誰が一番カワイイ?」な質問です。

もちろん、あなたからしてみれば、自分のことをカワイイと言ってもらいたくて、質問したわけではないかもしれません。単に、後で女子トークのネタにしたかっただけでも、この質問により、まず男性は手を出してこなくなるでしょう。

相手の男性は、どんな意図で、この質問をしてきたのか分かりません。「恐らく、自分のことをカワイイと言ってもらいたくて、そんな質問をしてきたんだろうな」と思います。そんな自己中心的な女性と付き合ったら最後、面倒くさい日常を過ごさなければならないと警戒してしまうのです。

下ネタな質問は聞いてはいけない

男はみんな下ネタが好きと誤解している人がたまにいますが、そんなことはありません。むしろ、苦手な男性って結構います。特に社会人同士の合コンでは敬遠される話題の一つでしょう。

単にゲスな話題だと思っている人もいますし、下ネタを上手に話すことが得意ではない人もいます。相手が、下ネタ連発な人なら、それに乗っかるのは悪いことではありませんが、こちらから仕掛けるのはやめておいた方が無難でしょう。

いかがでしたか?相手に質問をすることで、会話も盛り上がります。しかし、間違った質問をすると逆に命取りになることもあります。十分に注意したいですね。


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ページ上部へ戻る