気になっていた男性から実は嫌われている時の態度4つ



嫌いな相手

前々から気になっている男性がいる。早く告白してもらいたいけど中々告白してこない・・・。そんな場合があると思います。気がない場合もありますし、そもそもあなたのことが嫌いななケースも。

そこで、本日は、男性が嫌いな人にとる態度について考えてみたいと思います。

話題を振ってこない

男性が興味がない相手、嫌いな相手に示す態度は非常に分かりやすいものがあります。その代表例が会話をする時。

あなたに興味があったり、好きな相手に対しては、積極的に自分から話題を振って会話を膨らませようとします。

一方、嫌いな相手に示す態度は、その反対だと考えれば間違いありません。例えば、複数人で話している最中に話題を振ってこない。これだけであれば興味がないだけかもしれません。加えて、話しかけても話題を膨らますことなく、すぐに他の人に会話を振ってしまう場合は、嫌われている可能性があります。

飲み会などで近くに座らない

飲み会などで近くに座らない。または、こちらが敢えてその男性に近づいても、他の人の隣に行ってしまう場合は、嫌われている可能性が高いでしょう。

要するに一緒に会話をすることが面倒くさいと思われているのです。「嫌い!」とハッキリ言えないため、最初から会話をしなくて済むように近くに座らないのです。

元々、男性は好意のある女性とは、たくさん話したいと思っている存在です。近くに座らないことは、第一に興味も恋愛感情もないことになります。そして、隣に座ったら即座に離れていくようなら、興味がない以上に嫌いなジャンルに入ることになります。

会話に笑みがない

中には、相手に対して嫌っていることを知られないように、会話には応じる紳士的な男性もいます。この場合、本当に自分のことが嫌いなのかを見抜くことは難しいのですが、表情に注目することで、見抜くことができます。

男性は好きな相手に対して、無意識のうちに表情が緩む習性があります。よく漫画などで、好きになった女性と話す男性の顔がデレデレしていますが、アレですね。

逆に表情が硬い場合は、あまり好きではない相手と無理に話そうとしているのです。もちろん、本当は好意があって、緊張しているだけなケースもありますが、その場合は、どもったり、早口になるなど、話し方に特徴が出てきます。

落ち着いているのに表情が硬い場合は嫌われている可能性が高いのです。

話しが表面的

話しが社交辞令で、当たり障りのない内容ばかり話す場合も興味がないか、嫌いのサインです。あなたのことが好きなのであれば、もっと個人的なことを知りたいと思いますよね?プライベートなことに踏み込まず、表面的な話しばかりで盛り上がらない場合は、それ以上、会話を広げたくないと考えている証拠です。

こちらも、逆に好意を持っている可能性はありますが、どもったり、早口でなければ、やはり脈なし!と判断してよいのではないでしょうか?

いかがでしたか?恋愛をしてみたい男性に嫌われているかも・・・と考えるのは辛いものですが、あなたに非がある訳ではなく、相性が合わなかっただけと割り切って、他の男性と恋に落ちる可能性を探った方が吉でしょう。


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ページ上部へ戻る