女子会を断ればあなたもモテる女子になれる!

女子会を拒否するススメ

今、モテてようがモテていまいが定期的に誰かが企画する男性にヒミツのイベント、女子会。
仕事の愚痴から、男子の品評会までさまざまな話題が飛び出しますよね。
正直、これがないとストレス発散できんわ!というみな様も多いはず。でも、もしかしたら、その女子会、あなたの幸せを奪っているかもしれませんよ。

そもそも男性が好む女子像って?


少し女子会を断る理由の前に予備知識を書かせてください。

幻冬舎が発売する女性誌『GINGER』2014年4月号で面白い記事が取り上げられていますのでご紹介します。
その内容は、「30代女子が恋愛できない理由」。20代の女性と30代の女性を比較しながら、なぜ30代になるとモテない女性が増えるのか?という話題について座談会形式で取り上げた内容です。

この中で男子の共通の認識として話題が盛り上がっているのが、「女子って30代になると、自己主張が強くなって、”でも”、”だって”が多くなる。20代の女子は何でも受け入れてくれるからいいよね。」という・・。

確かに男性からしたら自己主張が強い女性よりは、自分のことを最大限に認めてくれて話を聞いてくれる人の方が印象もよいし、話していて楽しくなります。逆を言えば、会話の中で否定形が多い女子って男性からしたら魅力に欠けるってことなんです。別に自己主張や持論を言ってはいけないということではないのですが、会話を楽しい方向へ膨らませてくれない女性には魅力を感じないということなのだと思います。

女子会が非モテ女子を産む訳


これと女子会とどう関係しているの?

女子会の話題の華と言えば、やはり、「どの男子がいい!」とか、「アイツのあそこがダメだから絶対にないわー」なんていう男子の批評の話題。あんな嫌なことを言われた!とか、ファッションセンスが悪かったなんていう話を持ち寄りみんなで同意して納得するというパターンが多いのではないでしょうか?

でも、もし、あなたが恋愛を本気で頑張りたいと思うのなら、そんな女子会からは卒業です。

だって女子会って、どちらかというとダメ出しの話題が多くないでしょうか?だってダメ出しの方がみんなで同意しやすいし、盛り上がりやすいですよね。これ分かります。
でも怖いのは、一旦、みんなでウンウンそうそう!と同意してしまうと、翌日からその男性のことをそう見るようになるし、みんなとは違う意見を考えることも、なんだか自分がズレているようで不安に感じてしまうこと。

端的に言えば、知らず知らずのうちに誰かの意見をもとに色眼鏡を作って、あいつはこうだ!とか、こいつはこうだ!という考え方を共有していることが仲間の結束になってしまうんです。

そして徐々に自分の中に仲間同士で共有している価値観が正しくなってしまって、その価値観に当てはまらないものは否定しないと不安になるという悪循環が生まれてくるのです。自由な発想をしているつもりで価値観が固められてしまうので、徐々に否定形が多くなることも。

他の女子会に参加する女子を出し抜け!


中には女子会を断ることに不安を感じる人もいると思いますが、一度、勇気を出して断ってみましょう。
そうすれば、その中で話された話題に参加していないので、万が一、あの男性はダメとか、イケていないなんて話題が出ていても、あなたは聞いていない訳ですから、その人に会ったとしてもフィルターのかかった目で見ることは少なくなります。そして、もし、他の女子がダメ出しした男性にあなたがちょっと興味があったとしても、際どい話に参加していないので、彼と話すチャンスがあった時に、ゼロから彼を見て話すことができるようになりますよね。

それに、もし仲良くなって他の女子から陰口を言われたとしても、あなたは女子会で繋がっている仲間ではないので、気になることはありません。確かに、他の女子の目線が変わる場合もありますが、変に陰口を聞いていないので過度に嫌な思いをすることもなくなります。ちょっとは気になるかもしれませんが、そこはズルく恋を進めてしまえばこちらのものです。

自分の中に固定概念を作らず、そして縛られず、少しでも肯定的に発想する。そして恋に成功してダラダラしてしまっている他の人たちに差をつけましょう。