一人っ子はワガママ?一人っ子彼氏と幸せな恋愛をするために

一人っ子な彼氏

一人っ子はとにかくワガママ、マイペースというイメージがあります。まるで、映画「B型の彼氏」を彷彿とさせる悪いイメージ。

しかし、この少子化の時代、大勢の兄弟の中の1人として生まれた人を探す方が難しくなっています。つまり、一人っ子にぶち当たる可能性も高くなっているかもしれません。

また、一人っ子は一人っ子で、世の中のワガママなイメージとは違う一面もありそうです。そこで、本日は、一人っ子の彼氏と上手に付き合う方法を考えてみたいと思います。

一人っ子は理想主義者?

一人っ子の男性と付き合うと、まず初めに気が付くことがあると思います。それは、「ワガママ」ではないけれど、「理想主義者である」ということ。

これまで親を除き、家族の中に自分と同年代の人物がいなかったことで、誰かと過ごすことはどんなことなのかをイメージできていない人が多い傾向にあります。

一方、周りの友達の話を聞きながら、兄弟がいるってこどはどんなことなのだろう・・・。と、常に想像するしかありませんでした。そのため、人付き合いを理想化するクセが身についてしまっています。これは恋愛においても同じで、恋愛経験をたっぷり積んだ人を除いて、まるでトレンディドラマの筋書きを地でいくような恋愛をイメージする人が多くいます。この理想の恋愛を求めるあまり、人から見れば「ワガママ」に見えるのかもしれません。

はじめは、浮世離れしていると思うかもしれませんが、実際の恋愛は、生身の人間同士、楽しいこともあれば、嫌な思いもあることを理解してもらう必要があります。ギクシャクすることがあるかもしれませんが、彼氏が現実の恋愛と向き合えるようになるまで待つようにしましょう。

愛情が深いのも一人っ子

一方、コト恋愛に関して、自分の彼女を徹底的に愛することができるのも一人っ子の特徴です。

一人っ子は、独占欲が強い人が多く、自分の彼女も絶対に手放したくない独占の対象として考えるフシがあるからです。

まだ、親離れしていない年代だった頃、世界の中心は親しかありませんでした。学校に行っているとき以外は、親だけが自分の世界で独占的に愛情を注いでくれる相手だったわけです。

大人になると、その対象が親から彼女に変化することになり、彼女と別れることは、まるで自分のココロの支えが無くなってしまうかのような悲しい出来事と映ります。

だからこそ、絶対に彼女を手放したくありません。手放さないためにどうするか?それは徹底的に愛することです。だから、一人っ子は愛情深い人になるのではないでしょうか?

上手に一人っ子と付き合うには

気になる一人っ子の彼氏と上手に付き合う方法ですが、それはあなた自身が気持ちに余裕を持つこと。

一言で言えば、一人っ子の彼氏は、総じて人付き合いに不器用だが、愛情深い人物です。

不器用な彼氏を振り回してしまっても、彼の方が戸惑ってしまうだけで、幸せな恋愛関係を維持できるものでもありません。大切なことは、あなたが気持ちに余裕を持つことで、彼氏があなたとの生活に慣れるまで待つことです。そして、素直にあなたに注がれる愛に喜びを感じること。

この2つができれば、例え彼氏が人付き合い、ひいては恋愛に対して不器用でも十分に幸せな時間を過ごすことができるはず。

そして、あなたは彼の親ではありませんが、自分が彼氏の母親になった気持ちになって母性本能を発揮すれば、彼はその気持ちに必死で応えようとしてくれるでしょう。