いざ結婚のタイミングに結婚を決断してくれない彼氏の3つの特徴

彼氏が結婚を決意しない

恋愛期間も相応に経過したし、お互いの愛も確かめあえた。そろそろ結婚してもよいタイミングのはず・・・。にも関わらず、中々、彼氏は結婚にOKと言わない。

こんなはずじゃなかったのに・・・。

いざ、幸せになるチャンスをみすみす逃してしまう男なんて初めから付き合わなければよかった!そんな悲しい末路にならないために、本日は、結婚に踏み切らない男の特徴をご紹介します。

高キャリアの彼氏

高学歴で高収入、ベンチャーの社長なんかをやっていて誰もが羨む高キャリア。そんな男性は、婚期が遅くなる傾向にあります。

もちろん、結婚する気が無いわけではないのですが、収入が高い=時間に余裕がある訳ではない所がポイントです。

多くの高キャリアの男性は、その収入に見合うだけのハードワークをこなしているケースがほとんどで、プライベートでも本を読んだり、経済新聞を読んだりと勉強に余念がありません。そのため、子育てが伴う結婚に時間的な制約を感じてしまうのです。

「仕事に余裕が出てきたら結婚を考えよう・・・」。そう考える傾向があるということです。

一方、結婚する気が本当にないのかと問われれば、結婚して人間として成長することで仕事にも箔がつくことは十分に理解しています。従って、あなたにも彼を待ってあげる余裕が必要ではないでしょうか?

お酒が伴う遊びが好きな彼氏

遊びには2種類あります。1つ目が登山やサイクリング、その他なんでも構わないのですが、長年続けている趣味と言える遊び。そしてもう一つが、クラブに通ったり、カラオケに出かけたり、酒を飲んで大騒ぎするような宵越しの遊びの2種類です。

前者の趣味を追及するタイプの遊びを好む男性は、結婚にも前向きです。あなたというパートナーと一緒に趣味を深めよう・・・そう考えるでしょう。

一方、宵越しの遊びばかりする男性は、遊びを深めるという発想がありません。今・・が楽しければそれでよいのです。この手の男性は、結婚することは、「楽しい今」の終焉を意味すると考えています。

未来を通じて遊びを深めようと考えるか、今楽しければよいと考えるかの違いですが、後者の彼氏はたとえ結婚しても幸せにはしてくれないでしょう。別れる選択もアリかもしれません。

一人暮らしが長い彼氏

一人暮らしが長い彼氏も結婚に及び腰になりがちです。一人暮らしは麻薬のようなもので、長くなれば長くなるほど、自分なりの生活スタイルが出来上がってしまい、他の人と一つ屋根の下で暮らすことに抵抗を感じてしまいます。

残念なことに彼氏がそんな気持ちになっていることは恋愛期間中は見えにくいものです。当の彼氏の方も、単なる恋人関係であれば、部屋に彼女を呼ぶことに抵抗は感じないのですが、いざ、結婚を意識した瞬間に、「俺は他人と一緒にくらせるのだろうか」と不安になるのです。

ただし、このパターンの場合は、いざ結婚をしてみると問題なく共同生活ができる人が多いため、どう背中を押して上げられるかが重要です。一旦、背中を押してあげられさえすれば、幸せな結婚生活もすぐ目の前でしょう。