完璧な人間はいないはず?人に完璧と思わせる3つのテクニック



人間関係がつらい

一般的に完璧な人はいないと言われます。しかし、世の中には完成度が高く、どんなに頑張っても、あの人には勝てないなという人がいます。

もちろん、誰でも完璧な人間に近づく努力は必要ですが、実は完璧と呼ばれる人にはある特徴やテクニックがあるのです。では、なぜ、あなたは、あの人に勝てないのでしょうか?

そこで本日は、完璧に見える人の特徴と人に完璧と感じさせるテクニックをご紹介したいと思います。

指摘されるより指摘することが早い

人は、誰でも欠点があります。多くの人は、自分の欠点に対して自信をもてず、負い目を感じてしまうでしょう。だから、できるだけ隠そうとします。人の欠点を見つけても、自分も欠点があるし・・・。と、指摘することはありません。

しかし、完璧に思える人は、「人は人、自分は自分」という発想を持っている人が多く、自分の欠点と人の欠点を別個のものとして受け取ります。従って、決して自分の欠点を認めていない訳ではないのですが、あくまで自己解決すべきものと考え、逆に人の欠点は指摘してしまいます。

その結果、普通の人は完璧な人にいつも指摘ばかりされてしまう関係になります。そして、どんどん負い目ばかり感じることに。この構図に気がつく必要があります。

自分にネガティブなことは言わない

完璧に見える人は、感情のコントロールが上手な人でもあります。例えば、ちょっと言い争いになった時、多くの人はどんどん相手に対して悪口を言ってしまいがちですが、完璧な人は、冷静です。

この構図が何を意味するかと言えば、多弁になった方がボロを出しやすいので不利です。

一方、完璧に見える人は、必要最低限のことのみ口にします。自分に不利になることは一切口にしません。これは言い争いに限らず、日常的な会話においても同じです。

楽しくて多くしゃべり過ぎる人も、ボロを出しやすいため、常に冷静さを保つことができる完璧に見える人には勝てません。

タイミングが絶妙

人は常にタイミングが上手な人ほどトクをするように出来ています。例えば、営業の仕事をしている人であれば身に覚えがあるはずです。

はじめから商談の話をしてしまうと、相手に警戒心を抱かせ上手く契約を取ることはできません。まずは、雑談から始めるはずです。そして、会話が盛り上がったところで、初めて商品の説明に話をすり替えます。

つまり、仕事においても完璧に見える人は空気が読むのが上手く、絶妙なタイミングで自分を相手に売り込むことが得意なのです。

これは仕事以外でも同じです。友達を褒めるタイミング、恋愛で告白へ誘導するタイミング、結婚の話を持ちかけるタイミング・・・。空気を読んでタイミングを見極める能力がすべてを制するのです。

いかがでしたか?完璧に見える人は実は完璧なのではなく、自己演出が上手な人でもあるということなのです。


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ページ上部へ戻る