男性に嫌われない上手な告白の断り方はコレ!



突然ですが、告白されて嫌な気持ちになる人って、それほど多くないと思います。特に、予想していなかった男性から好きの気持ちを伝えられて、胸キュンした人も多いのではないでしょうか?

しかし、現在恋愛進行中で彼氏ありだったり、恋愛対象でない相手からの告白の場合、無理に付き合っても後が辛いだけだし、断りたいものです。ただ、嫌われたくないし、告白も断りたい。そんなとき、どのような断り方だったら人間関係を壊さずに断ることができるのでしょうか?

本日は、上手な告白の断り方について考えてみたいと思います。

感謝の気持ちさえもっていれば断っても構わない

まずはじめに、彼氏がいる場合は、素直にそのことを伝えましょう。曖昧な断り方をすると、現在お付き合いしている彼氏にも失礼だし、告白してくれた男性にも変な期待をさせてしまうことになります。

では、今、恋愛はしていないけど、告白してきた相手がタイプではなかったときはどうしたらよいのでしょうか?

その時は、はっきりと断ると共に、自分を選んでくれた感謝の気持ちを添えることで、人間関係、友人関係を壊さずにお断りすることができます。

例えば、「告白してくれて本当にありがとう!まさか、私のことを好きだと思わなかったから、ちょっと驚いたけど、本当にうれしい。でも、ごめん。今、別に好きな人がいるんだ。」など、断る前に感謝の言葉でクッションを挟むことで、だいぶ聞こえがよくなります。

告白に対してすぐに回答しない

あなたに告白してきた男性の気持ちを汲み取ることも大切なことです。いくら精神的に強い男性でも、好きになった相手に告白するときは、かなり緊張しているものです。

満を持して告白した瞬間に断られた相手の気持ちを考えたことはあるでしょうか?

まるで、飛行機に乗って上昇中に、深い谷へ突き落された気持ちになりますよね。

そんな、テンションがMAXの男性の告白をすぐに断ってしまうのは、得策ではありません。もし、告白されたら、あえて回答を先延ばしにしましょう。先ほどお話ししたように感謝の気持ちを添えながら、

「告白してくれて本当にありがとう。とても嬉しいんだけど、しっかり、○○くんの気持ちを考えたいから、時間をもらってもいいかな?」

など、その場で断らないようにします。

そして、数日経過した後に、

「真剣に考えたんだけど、やっぱり、前の恋愛がうまく行かなくて、しばらくは、一人でいたいんだ」

など、告白してくれた男性に問題があると受け取られるような言葉を避けながら断りましょう。もちろん、他に好きな人がいることにしてしまっても構いません。ポイントは、「実はタイプではない」ことを悟られないようにすることです。

もっともNGな断り方は

上手な告白の断り方が分かったところで、NG回答も考えてみましょう。

それは、今、忙しいことにしたり、思わせぶりな態度をとることです。男性は、ポジティブな生き物です。思わせぶりな発言をする相手に対しては、かなりの高確率で、もう一度、告白すれば次は成功するのではないかと誤解します。というより、男子トークの中には、2度押し、3度押しすれば好きな相手は落とせる!なるテクニックも存在します。

好きになれない相手から何度告白されても困りますよね。ですから、断るときはキッパリ断ることが大切です。


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る