ズバリ!男(彼氏)が理解できない女性の行動や習慣3選



一生懸命に彼氏のことを想って尽くしているのに、中々それが伝わらない。むしろ、イタイ彼女と思われてるんじゃ?そんな不安に苛まれることってありませんか?

そうです。女と男は違う生き物。体のつくりが違うだけでなく、頭の中も全く違う発想をしていたりします。もしかして、日本人と外国人レベルの差があるんじゃないの?って位に違うもの。

そこで、本日は、男性が理解できない女性の気づかいについて考えてみたいと思います。

好みの料理の組み合わせは女と男で違う!

一汁三菜なんて言葉がありますが、とかく女性は、一品一品の量は少なくても、種類が豊富な食事スタイルを好む人が多いように思います。だから、バイキングなんかでは、一つのお皿に少しづつおかずを盛り付けて、彩豊かに組み合わせて席に戻ってくる人が多いですね。

しかし、彼氏への手料理でこれをやってしまうと時としてガッカリさせることがあります。

その理由は、男性の多くは、美味しい料理をたくさん一点食いするのが好きな人が多いからです。よく、ガッツリ!という言葉を耳にしますが、これは男のための言葉。

ガッツリ、美味しいものをひたすら食べたい。そう考える生き物なのです。

セクシーの意味合いが男女間で違う!

彼氏にもっと自分のことを見て欲しい。せっかくなので、セクシーな姿を見て欲しい。彼女であれば当然の発想です。

ある程度、年齢を重ねると、男性と女性でセクシーの意味合いが違うことに気が付く人は多いですが、まだ恋愛に慣れていなかったり、男性経験が乏しいと、例えば可愛いファッションをすれば、男性はセクシーに思うに違いない・・・。とか、リップは強めの色の方が彼氏の心をつかむに違いないと誤解している傾向にあります。

テレビCMがそんな誤解を招いている面は否めません。

男性がセクシーと思うポイントは、可愛いファッションでもメイクでもありません。ダイレクトにボディラインが見えるか?または、想像させるファッションかどうかです。

男性は回りくどいことが苦手です。ダイレクトに自分の体を想像させられるかが勝負の分かれ目になるのです。

束縛の概念が男と女で違う!

彼氏から連絡がないと落ち着かない。そもそも、夕食を作ったのにいつ返ってくるか分からないのでは、困る!中には、毎日メールを最低1通は送ってくれるって言ったのに全然来ないじゃないの!?

そうなんです。女性って、家事の上でもメンタルの上でも男性を時間の上で束縛しがちなものなんです。

一方の男性は、時間を束縛されることを嫌います。あくまで男性は、自分の行動を他人にコントロールされたくない存在。時間を束縛されることは行動をコントロールされることです。

では、男性の考える束縛とは一体何でしょうか?

それは、価値観の束縛です。例えば、自分の夢や展望、将来について語りたがる男性多いと思います。それは、暗に、俺の価値観に共感してくれる?と聞いているようなものです。

よく離婚や破局するカップルに「価値観の違い」なんてキーワードが登場しますが、もっとも価値観の違いに敏感なのはむしろ男性の方です。価値観が違うと共感を得られない不安に苛まれるだけでなく、自分を否定されたと感じる男性もいるほど。それほど、男性にとって価値観が通じる相手というものは大切な存在なのです。

いかがでしたか?男女間で違うことってまだまだありそうですね。


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る