絶対に別れない!長続きする遠距離恋愛の秘訣とは?



彼氏の転勤で遠距離恋愛に。それが破局への序曲だった・・・。そんな悲しいターニングポイントを経験した人の話はしばしば聞きます。ずっと一緒にいられればいいですが、幸せな時間は中々続かないもの。

もし、図らずも離れ離れの遠距離恋愛になってしまった時、どのようにすれば大好きな彼氏さんと別れずに恋愛を長続きさせることが出来るのでしょうか?

そこで、遠距離恋愛になってしまっても、恋愛を長続きさせる方法について考えてみたいと思います。

1週間に一度は電話すること

少し話はズレますが、興味深いことを書いたニュースがありました。ガールズスリズム『恋愛長続きの秘訣・バランス良い愛情のやりとりが大事』によると、恋愛を長続きさせるコツとして、万が一、彼氏さんと喧嘩をしたとき、関係の修復は1週間以内にすべしというのです。

これは、思い当たる人もいるでしょう。例えば、頭がボーっとするくらい誰かのことを好きになってしまっても、1週間くらい顔を見ないと、流石に冷静になってくることがあります。

つまり、人の感情って1週間以上持続することは困難なのです。

もし、遠距離恋愛で彼氏さんと関係を維持したいと考えるなら、自ずと答えは出たようなもの。最低でも1週間に1度は電話するなど、直接、自分という存在を感じてもらえるような方法でコミュニケーションを取ることが重要です。

ちなみに、彼氏さんもお仕事などで忙しいでしょうから毎日電話をする必要はありません。週に2、3回すれば十分でしょう。

会いに行くときは割り勘で

国を跨いだ国際的な遠距離恋愛でもなければ、たまにはどちらかのお家を訪問することもあるでしょう。そんな時のアドバイスですが、できれば割り勘の方がベストです。

筆者も経験があるのですが、割り勘にしないと気持ちのムラが生じやすいためです。

例えば、彼女として自費で彼のお家を訪問すると、彼氏側に「お金を使ってワザワザ来てくれている」という発想が希薄になりがち。つまり、存在までも軽くなってしまうのです。

一方、彼氏の方が全額を払うと、距離や交通手段によりますが、金銭的な負担が重く、「重い女」のイメージが付きやすいように思います。

つまり、彼氏さんの気持ちを適度につなぎ留めておく「文鎮」として、割り勘にして、彼氏さんにも負担になり過ぎない範囲でお金を出してもらうことが遠距離恋愛を長続きさせるコツだったりします。

お互いにネガティブイメージを持たない

もしかしたら、遠距離恋愛中のカップルならよぎったことがあるかも知れない「別れるかも」イメージ。

もちろん、不安ですよね。どこかでこの遠距離恋愛が終わってしまうかもしれない・・・。そんな考えが頭の中でぐるぐるしているかも知れません。しかし、そんなネガティブなイメージを極力打ち捨てるのが長続きのコツ。秘訣なんです。

人は面白いもので、自分が強く考えている方向に進むものです。これは、精神論でもなんでもなく、知らず知らずのうちに雰囲気や表情、そして態度に現れてしまうからです。

お互いにネガティブな話し方をする相手と、幸せな恋愛をしようとは思いませんよね?だから、常にポジティブでありつづけられるよう日頃から「別れる」イメージを持ってはいけないのです。

別れやすいと言われる遠距離恋愛ですが、本日ご紹介した方法を実践して、長続きする遠距離恋愛にしていただけたらなぁと願っています。

 


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る