既婚女性が夫以外の男性を好きになった時の対処方法



破局する男女

夫のことを「一生愛します」と本気で誓って結婚したはずなのに、結婚生活で日常を繰り返していくことでそのアツアツの恋のパッションが薄れていくのはごく当たり前のことです。

日々の生活に追われていくと夫への愛情がだんだん穏やかなものになってくるものです。そんな時、突然、恋の嵐が自分を襲うことがあります。

既婚者なのに、夫以外の人を好きになってしまってどうしようかと悩んでいるあなたにその対処方法をご紹介いたします。

恋のパッションは妄想の中だけにとどめておく

最近は既婚女性の不倫が珍しくないということがメディアで語られています。

しかし、実際のところ、本当に浮気までしてしまう主婦というのは、そう多くはいません。

メディアに流されて、浮気に走ってしまったら、あなたにとってメリットは何一つありません。

専業主婦ならば、夫に離婚されると、生活が苦しくなりますし、もし、W離婚ということであれば、相手の奥さんへの慰謝料も発生し、離婚の際には、夫への慰謝料も発生するかもしれません。

働く主婦ならば、仕事に影響することも考えられますし、不倫相手の仕事にも影響するかもしれません。

不倫がばれると泥沼人生が待っている可能性が高いです。しかし、人の心は自由です。

心の中の妄想恋愛は誰にも遠慮なくしてもいいのです。好きな人に「好き」と言うのは妄想の中だけにしましょう。妄想恋愛は、メリットがいっぱいです。

妄想の中で愛し合うことで、毎日の生活がいきいきとしていきます。トキメク心は実際に脳内物質のエンドルフィンを分泌し、美容と健康によい効果をもたらしてくれます。

心の中で違う異性にときめくことでちょっとした罪悪感が夫にできますよね。
それにより、夫にも優しくできるようになります。

妄想恋愛は誰も傷つけませんし、メリットしかないので、好きな人ができた時は自分の頭の中だけで恋愛をするのが1番なんですね。

本当の問題を解決する

既婚女性はいろいろな悩みがありますね。

例えば、経済的に困窮していたり、夫が毎晩遅く帰って来て浮気をしているかもしれないと悩んだり、子育て、嫁姑問題、ママ友との人間関係、ご近所トラブルなど、あなたを悩ませる多くの問題が山積みになっていることがあります。

そんな時、主婦は不意に優しくされた男性にときめいていしまうことがあります。
そして、その男性を愛し、ときめくことで現実の問題から自己逃避してしまうのです。
それは、本当にあなたがその男性を好きになっているのではありません、その男性にときめき、依存することで、心を癒そうとしているのです。

しかし、本来の問題を解決せずに、夫以外の男性と恋を育んでしまったら、新たな問題がまた一つ増えるだけということに気づきましょう。

まずは、自分の抱えている問題をひとつづつクリアーにしていくことをお勧めします。
自己逃避にエネルギーを使うよりも、現実問題の解決にエネルギーを使ったほうがよっぽど、未来の幸せにつながっているというものです。
お悩み女性が恋に落ちた時は、まずは、お悩み解決を優先させましょう。

新たな恋にすべてをかける

結婚していても、「本当はこの人が私の運命の人!」と思えるような人に出会えることもあります。

その場合は、新たな恋にすべてをかけるという方法もあります。しかし、これは中途半端な心でできることではありません。まずは、自分自身の家庭に終止符を打つ必要があります。

その際に、失うものもたくさんでてくることでしょう。人の信用を失うこともあります。
お仕事も失ってしまうことになるかもしれませんし、友人や親戚関係も壊れることもあるでしょう。

それでもすべてを引き換えにしてもこの愛を貫きたいという思いならば、一度だけの人生ですから、突っ走ってみるのもよいでしょう。
不幸な道が待っていても愛を貫きたい人は自己責任で突き進みましょう。

既婚女性が夫以外の人と恋愛をするには、すべてを捨て、不幸も覚悟の上という心構えが必要であることがわかってもらえましたか?

それから、自己逃避のための恋愛は幸せにはつながっていないこともお伝えしました。
既婚女性のトキメキは妄想の中でとどめておくのが1番メリットが多いということを覚えておいてくださいね。あなたがいつも幸せ気分でいられることを祈っています!


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ページ上部へ戻る