イタい40代にならないためのカジュアル・ライフ



[記事;恋ピット編集部]

40代は、気持ちのうえでは若いつもりでも、実際にはボディラインも崩れ、肌のくすみやたるみも出てくるお年頃。

若いころは、Tシャツとデニムでも十分通用していたのが、40代でTシャツ&デニムで人前に出るのは、もはや周りの迷惑とすら言われてしまいそうです。
では、イタくならない40代のカジュアルファッションとはどういうものなのでしょうか。若々しさと保ちつつ、大人の余裕も感じさせるカジュアルが理想ですよね。

ポイントは以下のとおりです。

・すべてのアイテムをカジュアルにしない。
・メイクやヘアスタイルに手を抜かない。
・スニーカーの投入には注意を払う。
・キラキラや色ものを味方につける。

それでは、ポイントごとに見ていきましょう。

すべてのアイテムをカジュアルにしない

前述のように、若ければ、Tシャツとデニムでも十分通用します。なぜなら若いというだけで、本人の輝きがあるからです。しかし40代ともなると、本人の輝きは残念ながら減少してしまっているといってもいいでしょう。

そんな輝きがダウンしたお年頃の女性が、Tシャツ&デニムに身をつつむと、本当の作業着姿になり下がってしまます。ですので、楽だからといって、カジュアルアイテムばかりをえらばないことが大切です。

Tシャツを着るのなら、ジャケットを羽織って、かっちり感をプラスしたりする。デニムを履くなら、トップスはシフォンブラウスにして女度を高めるなどして、全身カジュアルテイストにしてしまわないようにしましょう。

メイクやヘアスタイルに手を抜かない

カジュアルファッションだからと、メイクやヘアスタイルに手を抜いてしまっているという人はいませんか。カジュアルファッションである日こそ、きちんとメイクをし、ヘアスタイルにも手をかけるべきです。でないと、疲れたオバサンになってしまいますよ。

とはいえ、あまりにも手をかけ過ぎると、顔と体がバラバラになってしまいます。ベースメイクに手をかけ、まとめ髪にするにもいったんは巻くなどして、カジュアルファッションとのバランスをとるようにしましょう。

スニーカーの投入には注意を払う

カジュアル靴の王道ともいえるスニーカー。最近は大人もスニーカーを履くようになってうれしい限りですが、40代のスニーカーは気をつけなくてはなりません。「ラクだから」という理由でスニーカーを履くと、周りの人も「この人はラクだからスニーカーを履いているんだな」ということはわかるものです。

あくまでもスニーカーは「はずし」であるということを頭にいれて履きましょう。

キラキラや色ものを味方につける

アクセサリー前述のとおり、若いころと違って40代になると本体の方の輝きが失われていくとお伝えしました。ならば、アクセサリーやカラーに輝きを借りましょう。カジュアルファッションのときには得に有効な作戦です。

ピアスやブレスレットなど、カジュアルファッションにあえて合わせるのも大人の余裕が見えるものです。地味な色合いになるのなら、華やかなカラーのストールなどをあしらって輝きを借りて来てしまいましょう。

以上、イタくならない40代のカジュアルファッションをポイントごとに解説しました。いくつになってもカジュアルスタイルをかっこよく着こなしたいですよね。今回紹介したポイントを参考にしてもらえれば幸いです。


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る