会社で密かに『お局様』と呼ばれないための心得



どの会社にもいるんです。表向きは部下や後輩と関係良好。傍目にはバリバリ仕事をこなして、私はデキる女。でも、気がつけば密かに「お局様」と化してしまった女性たち。大概、本人は気がついていないところが痛々しい。でも、周囲はたまらない。もっと若い時は自分はそうなるまい!と思っていたに違いないのです。気が付かないうちにお局様にならないためには、普段の心得が大切。気がついたら社内で嫌われていたなんてことにならないための秘訣をご紹介します。

お局様はこういうタイプ


その前に、お局様と呼ばれる人々はどういう特徴の人なのでしょうか。

① 自分のルールを決めて、周りに押し付けてしまうタイプ

仕事なるもの、成功法はひとつではありません。例えば、お客様からのクレーム。クレームが発生した時点で「即、行動。顧客への謝罪は?改善策は?」などとすぐに動き始めるタイプもいれば、お客様が冷静になってから対応を始めようとあえて1日寝かせてから対応を始めるタイプもいます。状況によりますが、どちらも間違いだとか正しいとはいえません。何故なら、重要なことは最終的にお客様が喜んでさえくれればよいのだから。でも、お局様タイプは、「こういう対応が正しい」とはじめから決めてしまっています。そして、その正しいやり方を部下や後輩の考え方を無視して自分の経験則を語り押し付けてしまいます。「私はいつもこう対応しているから」とか、「こうしないと、うまくいかない」。しまいには正義を振りかざし、別のセオリーで進めようとすると、あたかも間違ったやり方を貫こうとしていると批判し始めます。こうなったら周りは黙るしかなく、本人は「それみたことか」と有頂天になってしまったりします。

② 悪口上等。気に入らない奴は徹底的に嫌がらせタイプ

陰口、悪口は朝飯前。とにかく気に入らない人に対して罵詈雑言の嵐。面と向かっていうならまだしも本人がいないところで言うからもっとたちが悪い。こういうタイプが上司や先輩だと、いつ自分に矛先が向くかわからないので、誰もが共依存になりはじめます。つまり、同僚までもがいつの間にか敵になったり、白い目線を向けてくるようになってくるのだからたまりませんね。その主犯格はメスライオンのボスのようにいつも「子分」を引き連れていたりします。お昼も一緒、おやつ休憩と称して子分と一緒に仕事をサボったりします。もう、怖くて誰も彼女を止められない、口で帝国を築くタイプです。

③ エコひいきで気に入った人だけチヤホヤするタイプ

表向きには害がないのだけれど、なんかオイシイ仕事は自分で総取りしたり、気に入った同僚や後輩にまわしてしまいます。残った面倒な仕事はワタシの仕事。そんな経験をしたことはありませんか?この手の上司はエコひいきタイプ。あえて楽な仕事をお気に入りの部下に任せるのは、見返りを求めてるから。自分の昇格や大失敗の時に味方になってくれる人をコツコツと育てているのです。このタイプは男女ともに存在しますが、②の悪口上等タイプを併用していることもあり、ダブルで面倒くさい相手だったりします。

自分がそうならないために


お局様に共通するのは、周囲の人が意見や異論を唱えられない環境に追い込むこと。誰にも自分が間違った人間であると言わせないところに共通点があります。そして、自己中心的な発想を正当化してしまうということです。
部下や後輩を多くもつ立場になった時、部下の性格や考え方が様々でマネージするのに苦労した!という経験はありませんか?この苦労をしている人は決してお局様ではありません。何故ならば、性格の違いや考え方の違いを理解し、いかに上手に仕事を進めようかと思案しているから。これは相手の立場にたって工夫しているという証で、すべての利益を自分に引きつけたいと考えるお局様とは対局にある考え方だからです。

一方、もし、会社で軋轢がなくなってきた。誰も自分の意見を言わなくなった。到底、本人の意見とは思えない上辺だけの話をする同僚や部下が増えたと思ったら、お局化が始まっていると考えて良いかもしれません。よいマネージャーは常に自分とは違う意見の人間をそばに置いておきたいと思うもの。もし、そのような気概がなくなってきたら少し自分を見つめなおす必要があるかもしれません。

もっとも、この記事を読んでいる時点で、完全なお局様ではないのかもしれません。もう戻れないところに行き着く前に、早く気がつくことが大切です。


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る