人目が気になって疲れる人の克服法



人目が気になって上手に話せない。友達と遊んでいても仕事でも、相手の目線やどう見られているんだろう・・。

周りからどう見られているのか気になって疲れてしまう。毎日、ソワソワ。もしかしたら自分は病気ではないのか?そんな人に読んで欲しい対処法をご紹介します。

■ 他の人はどうなのかを知ろう

はじめに、あなたの悩みについて一度、整理して考えてみましょう。
他の人の目が気になると言っても、容姿が気になるの?行動が気になるの?話し方が気になるの?など様々な気になるポイントがあります。あなたはどのようなことが気になりますか?

もちろん、全部!という人もいるかもしれませんが、いずれにしても何かしら自分に自信がないことが原因であることに間違いありません。中には常に誰かと一緒にいると疲れ切ってしまい誰かと関わるのもイヤ。もしかして自分は対人恐怖症なのでは?と考えてしまう人もいるかもしれません。

でも、それは間違いです。なぜならば、一口に人の目が気になると言っても、先ほど説明したように気にするポイントは様々。原因や理由は一つではありません。特に女性であるがゆえに容姿やボディラインに自信が無かったり、彼氏が中々できないと自分に何か落ち度があるのでは?と考えどんどん落ち込んでしまうことも。

そんな時はよく思い起こしてみてください。周りに自分は顔が素敵すぎて何も悩みはない!とか、彼氏には困らないのよねーとか、自信満々な人っているでしょうか?自信に満ち溢れている人も実は家に帰ると疲れ切って、甘いものを食べて癒されるというという人も多いのでは?つまり、あなただけ人の目が気になっている訳ではないのです。

■ 人は適材適所で輝けることを知ろう

適職という言葉があるように仕事でも私生活でも、自分の能力や個性が生かせる場所というものがあります。
人間にはそれぞれ役割があって、例えばいわゆるキャリアウーマンと呼ばれ職場ではバリバリ仕事をこなしている女性だって、もしかしたら恋は下手で、彼氏がとっかえひっかえ変わっていたり、離婚を繰り返してしまい、家に帰ればシングルウーマンとして子育ての悩みが打ち明けられず苦労しているかもしれません。

輝く自分は順番に来る

輝く自分は順番に来る

つまり、人間はすべての環境や場所で輝けるわけではないのです。立場や一緒にいる仲間、そしてタイミングにより上手く立ち回れる場合と、うまくいかない場合があるのです。だから、もし、あなたが自信をもてず人目を気にすると考えているということは裏を返せば、単に今あなたが暮らす場所やタイミング、人付き合いがあなたに合っていないか、あなたが輝くタイミングではないのかもしれません。

でも『タイミング』と書いたように、世の中は常に変化していますし、流行があるように人が輝く瞬間は順番に訪れます。何も無理に環境を変えなくても、しばらく待てばあなたが必要とされ、脚光を浴びる瞬間が訪れるものです。自分が変わらなくても周りが変わって、いつの間にか自分が適材適所に合致した人間になっているということもあるし、みんなそんな中で生きているということを覚えましょう。

■ 理想を高く持つ必要がないことを知ろう

あなたには自分が「あの人のようになりたい」とか、「本当の自分になりたい!」という考え方はありますか?
もし、あなたが自分が目指すあり方や、今の自分が本当の自分ではないかもしれないと思っているなら、それは間違いです。

もちろん、自分の目標を持つことは良いことです。コスメを上手にできるようになって容姿を改善したい。恋上手になって大切な旦那様をゲットしたい。仕事ができるようになりたい。会話上手になりたい。など、目標を持つことは大切です。

でも、誰かを目標にしたり、今の自分が本当の自分ではないと考えるのは、あなたを疲れさせる原因です。
だって、その『誰か』になれないもの。なれないものになろうとするから疲れるのです。あなた自身が誰かを目標にすることにより、今の自分が本当の自分ではないと思うから人目も気になるし、抜け出せない悩みになるのです。等身大の自分を知って、その一つ一つをちょっとづつ直していくというスタンスで全然良いのです。

■ そしてあるがままに生きることを知ろう

人の目が気になるということは時として本当に辛いと思います。でも、正しく今の自分を理解して、どうすれば人と関わることに疲れる状態から抜け出せるかを考えることで、あなたも毎日、目線や視線で疲れてしまうという悩みから抜け出せるのではないでしょうか?


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る