バーの正しい楽しみ方。女一人で楽しむショットバー講座

バーは出会いの場。バーを楽しんでみたいけど、怖くない?間違ったマナーで恥をかいたりしない?興味はあるけど、何だか怖いお酒が飲める大人のお店、バー。

そんな心配性のあなたのために今日は、大人の女性の正しいバーの楽しみ方をご紹介します。

まずはお店探し

一言にバーと言っても、様々なバーが存在します。
カウンターで原則一人や少人数で静かにお酒を楽しむショットバー。お酒の種類に特化したワインバーや焼酎バー。
そして、料理などもたくさん出され、みんなでワイワイするタイプのバーなど数を上げたらキリがありません。

でも、もっとも敷居が高いのはショットバーではないでしょうか?
焼酎バーやワインバーは、結構気軽に入れたり、どちらかというと友達と楽しむ目的のお店が多いので、ここでは割愛します。
まずは挑戦してほしいのがショットバーという種類のバーになります。

バーテンダーの方とカウンターを挟んで向かい合って静かに飲むタイプのバーで、ちょっと古いですが、『笑うせぇるすまん』に出てくるタイプのアレです。

このタイプのバーは、小規模なタイプのお店が多く、雑居ビルの中に入っているパターンが多く、お客さんもほとんど一人か2人までが中心となります。

ショットバーと書いてあり、お店の中が見えにくくなっているところが多いですから、『会員制』と書いてあるお店でない限り、ちょっと勇気を出して入ってみましょう。お店に入ると、カウンターがあり、バーテンダーの方が一人ないし、二人だけで回している空間のはずです。

大抵の場合、常連さんばかりのケースが多いですが、初めてのお客さんが来たときは、大抵の場合、バーテンダーの方が最適なカウンターへ誘導してくれるはずです。なぜならば、バーテンダーは、日本語に訳すと『バーでお世話をする人』という意味になります。あなたの雰囲気や場の空気に見合った席を用意するのもバーテンダーの仕事なのです。だから、お店の入りにくさとは裏腹に、入った後は安心して飲むことができるでしょう。

お酒に詳しくなくっても大丈夫


次に困るのが、何を注文したらよいのでしょうか?
これは、かなり難しい注文で、まずあなたが相当お酒に詳しくなければ、気の利いた注文はできるはずもありません。
でも、大丈夫。バーテンダーはお酒のプロですから、あなたが具体的なお酒の名前を知らなければ、最適なお酒を紹介してくれます。

それもショットバーの醍醐味。バーテンダーへ今の気分や方向性を伝えて、あとは身を委ねてみましょう。

でも最低限の知識があれば、もっと楽しく飲むこともできます。
まずは、次の言葉を覚えてください。

ショートロングです。

バーのグラスすでにバーで飲んだことがあるよ♥という方であればご存知だとは思いますが、バーで出されるお酒は、必ずそのお酒にあったグラスで出されます。

例えば、ウイスキーの場合は、底が低く、大きな氷が入れやすいサイズになっていますし、カクテル系は細長いグラスか、口が広く、そこも広いグラス・・・。といった具合です。

バーで飲むお酒の名前は知らなくてもOKですが、グラスの種類を覚えておくと便利です。

例えば、ロングで飲みたいんだけど、何か良いお酒はある?と聞けば、長い時間をかけて飲むので、長時間楽しめるお酒を選んで!という意味になります。

逆にショートと言えば、カクテル系を指すので、多少甘めで、短時間で飲み干してしまうお酒が多いのです。

ロング・・ウイスキーやバーボンなど、時間をかけて飲むお酒が多い。
ショート・・カクテルやジン、ウォッカなどの度数が強く甘めで、様々なカラーのお酒が楽しめます。

まずは、ロングかショートかバーテンダーさんに伝えてみてください。
そうすると、ウィスキーや、ショートであれば、ジン、ウォッカ、ラムなど具体的な素材の名前をバーテンダーの方から提案し、さらに細かい希望を聞き取って、あなたに合ったお酒を提示してくれます。

この要領で、少しづつ自分のバリエーションを増やしてゆけばよいでしょう。

バーでNGなこと


バーは基本的に、あなたをアテンドしてくれるバーテンダーがあなたの雰囲気や表情、体調までちょっとした会話から読み取って、コーディネートしてくれますから、徐々に緊張もほぐれて、心地よい空間へと変わってゆくでしょう。

でも、そんなバーにもやってはいけないことというのが存在します。そのNG行為さえしなければ、全く心配することはありません。
そのNG行為とは。

大声で話す→基本的にバーは大人の空間です。したがって、大声で話すべきではありません。また、お話はバーテンダーの方がリードしてくれますから、基本的には身を委ねるスタンスがベストです。

カードを使う→ある程度、高額になってしまった場合は、クレジットカードを利用するのはOKですが、できるだけ現金で払うのが粋です。カードは手数料が取られるため、バーにとってはあまり良いお客さんに見えないのです。また、バーテンダーは基本的にそれなりのプライドを持っていますから、お客さんもある程度、敬意を払うべきです。ですから、お高く留まっていると受け止められると残念です。
大概のお酒は1杯1000円~1500円ですから、その範囲を目途に計算しておきましょう。

値段を聞く→しつこいようですが、バーは大人の空間です。ですから、値段をいちいち聞くのは無粋です。もし、お財布が心配であれば、目安の予算を先に伝えておきましょう。バーテンダーの方が覚えていてくれて、概ねその範囲内で楽しませてくれます。

知識をひけらかす→バーテンダーはソムリエのような存在です。ですから、どんなに頑張っても、あなたの知識レベルは見抜いていますし、あなたが勝てることはありません。そこは謙虚に、詳しくないことを伝えて、バーテンダーに楽しませてもらうスタンスを貫きましょう。

バーでオススメなお酒とは?


せっかく、バーに来たのですから、ぜひ、バーでしか飲めないお酒を飲みたいですよね?
最後にお勧めのお酒をご紹介します。

ギムレット(gimlet)ギムレット(gimlet)とは、ジンベースのショートドリンクタイプのカクテルです。バーテンダーの本領が発揮されるお酒として通には有名で、ほのかに氷のかけらが混じっていることもあり、微妙なシャリシャリ感が楽しめます。ジンとライムジュースの仄かな渋味と甘さで、甘すぎず、辛すぎずのちょうどよい味が印象的です
ソルティ・ドッグ (Salty Dog) ソルティ・ドッグ は、ウォッカベースのカクテルの一つ。グレープフルーツのさっぱりした口当たりと、グラスの縁の食塩の組み合わせが印象的なお酒です。お酒は甘く、しかし、グラスについた塩が、その甘さを引き締めてくれます。
カイピリーニャ(Caipirinha)カシャッサをベースに、ライムジュースと砂糖を砕いた氷と一緒に混ぜ合わせて作るカクテルで、爽やかで仄かな甘みとライムやミントの香りが夏の暑い日にもってこいのお酒です。駆けつけいっぱいには、ビールではなく、このカイピリーニャというのもよいかもしれません。

いかがでしたか?
なんどもバーに通ううちにバーテンダーと顔見知りになればしめたもの。素晴らしい男性を紹介してもらえることも。それでなくても、奥が深くいつまでも楽しめる空間です。あなたもいかがですか?