完璧主義になってない?結婚できない女性の3つの特徴

完璧主義で恋愛に失敗しやすい女性

いい男と出会えない!不幸な恋愛ばかりしている・・・。だから、まだ結婚できない。

確かに恋愛に縁がないのか、悪い男ばかり寄ってきて、恋愛に失敗。そして結婚できない女性はいます。

でも、恋愛って相互関係なんです。

相手に問題がある場合もありますし、逆に自分にも原因があることなんてザラにあったりします。

その原因で多いのが「完璧主義者」になってしまう人。自分で気がついていないこともあり、結婚ができない原因がわからず悩んでしまいます。

そこで本日は、完璧主義者になってしまい結婚がなかなか出来ない女性の特徴をご紹介したいと思います。

彼氏の言葉を覚えすぎじゃない?

まず、第一に男性は忘れっぽい生き物です。

自分が過去にやったことや言ったことは覚えていないことが多いんです。

一方、女性は記憶の生き物です。過去の彼氏の行動や言葉が鮮明に記憶に残ってしまい、矛盾がないかを常にチェックしてしまう性質をもっています。

本来、女性の記憶力は間違った男を選ばないために必要な能力です。

でも、それが強すぎると、自分を不幸にしてしまうこともあるのです。

彼氏だって悪気があるわけでなく、また、その時の心理状態や職場で嫌なことがあったとか、最近調子がよい!なんて環境の変化で、発言が変わってしまうことがあります。

それを一つ一つ気にしてしまうと、相手との関係もギクシャクしてしまいますし、第一に自分も疲れてしまいます。そして、恋が重くなってゆく・・・。

適度に「忘れる」「気にしない」ことを心がけた方が幸せな恋愛や結婚ができるのです。

条件付きの恋をしすぎ

これは、既に彼氏がいる人も、これから新たなパートナーを見つけようと考えている人も同じです。

恋愛や結婚に条件をつけてしまうんです。

分かりやすい例が、年収やルックス。でも、それだけじゃないんです。趣味が共通じゃなきゃ嫌とか、休日が一致してないと嫌など、まるで求職をする時のように条件を設定してしまいます。

本来、恋愛は直感でするものです。シンパシーが一致する相手がもっともあなたのことを幸せにできる相手のハズ。

でも、結婚後の生活があるから誰でも一定の条件を考えるんです。年収や子供の人数の希望など、ある程度は譲れない部分もあるでしょう。

しかし、求人サイトで仕事を探す時のように条件をつけすぎると、幸せな相手は見つけられないのです。また、すでに彼氏持ちの人であれば、途中で相手の条件が変わったり、条件と見合わないことが分かった瞬間に恋愛感情が薄れてしまうキッカケになります。

あなたが、もし、相手に条件をつけすぎるタイプなのであれば、順序が違うんです。

まずは会話や感覚、雰囲気が心地よいかどうかを判断すべき。そのうえで、最低限譲れない条件を考えます。

条件から相手選びをすると、結局のところ、ブラック企業に入社してしまうのと同じで、間違った相手を捕まえてしまうことになりかねません。

相手に強制しすぎてはダメ

完璧主義の女性に多い特徴として、自分の世界観を相手にも押し付けてしまう人が見られます。

分かりやすく言えば、「部屋に○○は置かないで」とか、「タバコは絶対にやめて」など、自分の希望を相手に押し付けてしまいます。

特に、生活習慣を強制どころか矯正してしまう人もいます。

でも、完璧にあなたと同じ世界感の中で生きている人は世の中に存在しません。

人それぞれに正解があって、あなたの正解が相手の正解ではありません。

だから、常に相手のやり方や習慣、世界観を尊重しなければ、あなたも相手から大切にしてもらうことはできません。

先ほどの例であれば、「タバコは辞めて」ではなく、「私のいないところでタバコを吸って」と、お互いの妥協点を探る方がいいんです。

お互いの妥協点を探らずに、一方的に自分のルールを押し付けると、相手の男性は疲れてしまい、破局に向かいやすくなります。

やはり、自然体な恋愛をした方が結婚にグッと近づきます。

そのためには彼氏の考え方、習慣、クセも含めてすべて尊重してあげましょう。その代りに自分も尊重してもらう。だから、妥協点を探る努力が必要なんですね。