忙しくて彼と会えない!距離を縮めて結婚へ向かう方法

彼氏が忙しい
美容関係 暖さん 31歳
年下の彼氏とつきあっているのですが、お互いの休みのタイミングが合わずなかなか一緒に出かけたり出来ていないです。

年齢的にも結婚を考える年齢なので、もっと色々出かけたり、一緒に過ごす時間があるといいなと思いますが、何かよい方法はありますでしょうか?

年下の男性と付き合っている暖さん。二人の距離を縮めてゴールインを目指したいのに中々時間が合わないとのお悩みです。時間が合わない二人が距離を縮めて結婚へ近づける方法はあるのでしょうか?

長時間一緒にすごせばいいわけではない

確かに、一緒に会う機会が多く、長い時間過ごすことができれば、たくさんコミュニケーションを取ることができますから距離も縮めやすくなります。しかし、お互いに仕事をもっていたり、働く時間が違ったりすると中々会うチャンスが訪れないのは致し方がないことです。

だからといって、結婚できない訳ではありません。要するに会えるチャンスを最大限に濃密なものにしましょう。

例えば、久々に彼に会ったら甘えたくもなるでしょうし、スキンシップも図りたいと思います。確かに、甘えとかスキンシップって、お互いの愛情を確認できる手段ではありますが、それが結婚への近道になるかといえばそうではありません。

筆者は、どちらかといえば、話すコミュニケーションが大切なのではないかと思うのです。

会話はお互いに考えていることや未来に希望していることを伝えられる唯一の手段です。例えば、結婚したい気持ちも、そして未来の二人の姿も、たくさん会話しお互いの頭の中が手に取るように分かるくらいの関係になってはじめてイメージできるものだと思うんですね。

ですから、会える貴重なチャンスを甘えてゴロゴロして終わり・・・なのではなく、話がしやすいレストランデートを入れるなど、会話できる環境であることを優先的に考えて予定を組むべきなのではないかと思います。

別れ際の印象に注意すること

相談者の暖さんは、結婚を意識している訳ですから、最終的に結婚を現実のものにするのは彼が暖さんと一緒になりたいと考えているかどうかです。

彼をその気にさせるしかありません。ところが、会えるタイミングが少ない訳ですから、1回1回を「あ~俺、彼女と一緒にいられて幸せ」とひしひしと感じてもらう必要があります。

少し話はそれますが、例えば、過去に食べた美味しい食べ物の中で印象に残っているものはなんですか?フレンチでしょうか?それともイタリアン?

なんでもかまわないのですが、今でも覚えている美味しいものって、食べ初めよりも食べ終わりの時まで美味しいって感じられたものだと思うのです。

たとえ、食べ初めに美味しくても、食べ終わった時に「もう十分」って思ったら、それは美味しい料理として認識できないですよね。

恋愛も同じです。久しぶりに会って、嬉しい気持ちが燃え上がっても、別れる時にトキメキのない漫然とした雰囲気だったら、次にまた会いたいなんて気持ちは起きません。

大切なことは、別れ際にできるだけ前向きで明るい別れ方が出来るように心がけること。

逆に最悪なのが、例えば世間話のついでに職場の愚痴をこぼしてしまったりして、お互いに話を聞いてもらえた満足感は残っているのに、なんだか恋愛をしているトキメキを感じることができずに「なんとなく」バイバイしてしまうことです。

そうならないためにも、二人の未来を想像して「こんな生き方をしたいね」や、「来年はこんなことに挑戦したいね」など、気持ちが盛り上がるポジティブな話題を中心に話したほうがベターです。

そして、別れる時は笑顔で。

これを繰り返すことで、彼も結婚相手として意識し始めるでしょう。もちろん、より距離を縮められるように、「結婚したらこんな夫婦になりたいね」などの会話を増やすのもよいかもしれません。