彼氏の愛が不足している!愛が足りないと感じる理由3つ

愛が足りずに悲しい

愛していない訳ではないけれども、彼氏が本気で愛しているのか不安になることってありますよね。そんな時、みなさんはどう対処していますか?

怒ってみたり、拗ねてみたり、構って欲しいオーラを出してみたりと人それぞれ。

しかし、本当に考えてほしいことがあります。それは、本当に彼氏の愛が足りていないのか?ということ。そこで、本日は、彼氏の愛が不足していると感じた時の彼氏側の事情を考えてみたいと思います。

彼氏が浮気しているケース

まず、悲しいお知らせからお伝えします。それは、彼氏がこっそり浮気をしているケースです。

浮気はあなたに対して完全に気持ちが離れていないけれども、他の女に対して気持ちが移ろうとしている、いわば、愛が二人に分散している状態です。

男性の中には同時に何人でも愛せる!なんて断言する人がいますが、現実にはそんなことはあり得ません。大なり小なり、浮気をした時点で、気持ちは他の女に向いています。従って、あなたに対する愛も本気モードではなくなっています。むしろ、「愛しているフリ」をしているだけかもしれません。

これが、あなたが彼氏に対して。愛が足りない!と感じる原因かもしれません。もちろん、最悪なケースですが・・・。

恋愛のペースが違うケース

多くの場合、こちらのケースの方が多いでしょう。恋ピットでも何度かテーマとして取り上げていますが、男女で恋愛のペースは違います。男性は、恋愛をはじめる前から恋愛開始後の初期段階にモチベーションのピークをむかえ、その後は、落ち着いた愛に変わります。

もちろん、愛していない訳ではありません。しかし、スタートダッシュがすごいので、その後、気持ちが落ち着いてきたときのギャップに不安になるだけです。

考えてみてください。告白をすることは、かなり精神力を使います。だから、スタートダッシュのインパクトが強くなるのですね。

ちなみに、男性は、愛と恋を別のものとして捉えています。恋愛したての頃は、恋のピークと言ってよいでしょう。愛は結婚し、子供が生まれてから徐々に強くなってきます。だから、あなたも焦る必要はありません。

あなたが気が付いていないケース

過去に男性から裏切られてしまったり、もともと嫉妬深い性格の持ち主の場合、男性からいくら愛されても、愛されたと気が付かない場合があります。

女性に多い特徴なのですが、本当はしっかりあなたのことを愛しているのに、「本当の愛ではないのではないか?」「まだまだ全然愛してくれてないのではないか?」と不安になります。

注意した方が良いことは、あなたがこのようにすぐに不安になってしまう性格の場合、それを彼氏に伝えすぎないようにすることが大切です。

逆の立場にたってみれば、「俺はこんなに愛しているのに面倒だな」と思われるのがオチで、逆にシラケてしまうことが多いからです。

まずは、自分が嫉妬深くないか?すぐに不安になる性格ではないか?と自問自答してみること。もし、そういう部分があるのであれば、数日、我慢してみること。数日待ってみて不安が解消しないのであれば、彼氏に落ち着いて聞いてみて話し合うこと。このスタンスが大切です。感情に任せて、自分の不安をぶつけることがもっともよくありません。