マンネリ防止!彼氏にちょっとしたスキの気持ちの伝え方3つ

好きの気持ち

長く付き合っていると、いつの間にかお互いに空気のような存在になってしまい好きの気持ちを伝えることなんてなくなってしまうもの。一緒にいるのが当たり前で、安心しきっているからこその一コマだと思います。

しかし、恋愛はまだお互いに「仮予約」の段階です。やはり、適度に好きの気持ちは伝えたいですよね。でも、直接口で言うのは恥ずかしい。

そこで、本日は、彼氏に上手に好きの気持ちを伝えるためのテクニックをご紹介します。

日用品は2つ買うこと

今、あなたが同棲していたとしても、同棲まではしていなくても、彼氏の家に歯ブラシや洗顔料などの日用品をストックしていたりしませんか?

彼氏の目線から見ると、彼女の歯ブラシが自分の家に置いてあったりすると、それだけで存在を確認することができ、愛を感じることができるものです。

しかし、それだけでは好きの気持ちを伝えられたとまでは言えません。

正解は、次に彼氏の部屋を訪れたタイミングで、歯ブラシや洗顔料などを彼氏の分も買っておいておくです。歯ブラシなどはお揃いのものでも良いかもしれませんね。

やはり、あなたの気づかいに心が温かくなるだけでなく、「いつも一緒」という気持ちが伝わり、男心に胸キュンするものです。

健康を気遣う

彼氏のために料理を作ってあげて、胃袋を掴むなんてことも恋愛の立派なテクニックです。しかし、あくまで彼氏が彼女の手料理に喜ぶのも恋愛初期だけ。徐々に、慣れてきてしまい愛情も薄らいできてしまいます。

そこで、次なる愛の証としてお勧めするのが、彼氏の健康を気にした料理を作ってあげることです。これも、彼氏にとって、「気にかけてもらっている!」と喜ばれるテクニックです。

別にとても手の込んだ料理を作ったり、野菜ばかりのゲンナリしてしまう料理を作れとは言っていません。例えば、油をオリーブオイルに変えてみる。サラダに豆類を増やしてバランスの良い栄養を取れるようにするなど、普段の食事でもできることはたくさんあります。

そして、大切なことは、彼氏のどんな健康を気にしているのかをはっきり伝えること。「肉食が多いから」「最近、太り気味だから」など、あなたのことを気にしているよ!としっかり伝えましょう。

彼氏からもらったプレゼントを付ける

彼氏からアクセサリーなどのプレゼントをもらって、大切にしまっていたりしませんか?

日々、彼氏から買ってもらったものを身に付けるだけでも、十分に好きの気持ちを伝えられるものです。「だって、男って鈍感だから、気が付かないんじゃない?」と思うかもしれません。

しかし、男性は、彼女にプレゼントを買う時、とてつもなく悩み、時間を費やして品定めする人がほとんどです。普段、自分の趣味のものを買う時は、ほとんど悩まずにパーと買ってしまう男性でも、こと女性関係となると悩みます。

吟味して吟味したした品を彼女が使ってくれているかどうか、気にしない男など存在しないといっても過言ではありません。

だから、ぜひ、彼氏のことが好きなら使ってあげて欲しいのです。それだけで、「ああ、自分のことを好きでいてくれているんだな!」と感じてもらえるでしょう。

いかがでしたか?好きの気持ちを伝えるといっても、大それたことをする必要はありません。日常のちょっとした気配りができれば、例え彼氏が鈍感な人であっても十分に伝わるものです。

口で「好きだよ」と恥ずかしくて伝えられないなら、女性らしい気配りをちょっとするだけで彼氏も愛を感じてくれますよ。