40代になってもモテたい!いつまでもモテ続ける女性の特徴

40歳でもモテる女性

女性はいつまでたっても美しくありたいもの。そして、年齢に関係なく恋愛だってしていたいですよね。一方、30歳後半からどうしても肌の具合が変わったり、若い頃と感覚が変わってきて、男性から見向きもされなくなる人が多くいます。

そのような中で、40歳を超えても男性から声がかかり、恋愛に引く手あまたの女性もいます。何が違うのでしょうか?

そこで、本日は、40代になってもモテる女性の特徴と、心構えについて考えてみたいと思います。

自分を40代だからと考えない

40代になって、新しい恋愛ができなくなったり、男性から圏外と思われてしまう女性の特徴として、発想がネガティブになることが挙げられます。

確かに、40代になれば、シワが多くなったり、体力面でも30代に劣ります。それに出産もかなり難しい年齢であることは否定しません。

しかし、若かりし頃の自分と比較しても仕方がありません。

例えば、いつまでモテ続ける女性は、20代、30代と同じ土俵で勝負しようとは考えていません。顔の美しさ・・・ではなく、新しいアクティビティに挑戦したり、プロレベルのお菓子作りに挑戦したり、ワインの知識を深めたりと、別の場所で勝負しようとします。

加えて、恋愛=結婚や出産などの女性の恋愛に既成概念を持ち込みません。出産をしないプラトニックな関係の恋愛を楽しんだり、ペットを子供の代わりとして可愛がるカップルも増えているようです。

40代になって、モテなくなる女性の特徴として、30代までと同じような恋愛意識でいる一方、恋愛を続けられる人は、発想転換ができる人なのではないのでしょうか?

男性に対して可愛げがある

40歳ともなると、一通りの人生を経験し、ちょっとやそっとのことで動揺しなくなります。男性と対等に話せる人が増え、男性目線で見ると、堂々としている印象を受けます。

もちろん、男性に媚びろとか、男性至上主義的なことを言っている訳ではありませんが、やはり、多少でもスキがあったり、ツンデレのデレの部分が残っている女性はモテ続けます。

男性は、もちろん、若い女性を好む傾向にありますが、見かけや年齢だけを見ている訳ではなく、一緒にいて疲れない相手だったり、可愛げがある相手に対して親しみを感じたりするものです。

40代は、大人として完成形に近づく年齢でもありますが、やはり、スキのある人は、それが魅力となり、男性から興味を持たれる可能性をグンっと広げるのです。

ワザとスキを作る必要はありませんが、少なくとも無理に完璧な自分を演出する必要はありません。自分は大人だからと思い込まずに素の自分をいつでも見せられる余裕を持てれば、自ずとスキや可愛げは生まれるはずです。

相手への気遣い

20代、30代は、自分のことに一生懸命で、他人のことに目を向けることは難しかった人が大半ではないでしょうか?

30代までの自分のことに一生懸命の女性は、「男性から守ってあげたい!本能」を引き出すことはできました。しかし、40代になっても、自我が強すぎる女性はイタイ以外の何者でもありません。

それなりにたくさんの人間関係を経験してきた40代。そろそろ、他人に対する気遣いや相手の立場にたった話し方を覚えても良いころです。それが、しっかり出来る女性は、男性からも恋愛対象として見てもらえる可能性が一気に高まります。

これは、母親のように男性の面倒を見てあげられる人のことを言っている訳ではありません。例えば、いつでも、自分が前へ出てしまうのではなく、時として一歩引いた立場に立ったり、男性を立てることができる女性です。つまり、TPOをわきまえた女性になります。

女性としてだけでなく、人として余裕のあるタイプともいえるのではないでしょうか。人として、場の空気を読んで、相手の立場を尊重できる。そのような女性は、恋愛においても年を感じさせない魅力を引き立てることになるのです。

いかがでしたか?40代は40代にしか出来ない魅力の作り方があります。それを理解すれば、まだまだ恋愛ができる人になれるのです。