ワンテンポ会話の反応を遅らせろ!男を虜にする間の取り方

上手な会話術

どういうわけか、頭の切れる女子はモテないとよく言われます。なんだか女に生まれたことをバカにされているようで、イラッと来た経験はありませんか?

しかし、切り口を変えてみれば理由は分かりやすいもの。

例えば、男性が話したことに即答で答えてしまうと、会話が弾むことなく、何の余韻も残らないため、みすみす女の色香を捨ててしまうことになるのです。つまり、頭の回転の速い人が男性からモテないと言われるのは、会話のペースが速すぎて、女性らしい会話の柔らかさが損なわれているからとも考えられるのです。

そこで、本日ご提案したいのが、上手に「間」を取ることで、女らしさを一気に醸し出し、男を虜にする方法です。

スイーツを食べた時の間の摂り方

彼氏と一緒にデート。お洒落なカフェに入って美味しいケーキを食べました。ベタなシチュエーションですね。この時、あなたはどんな反応を示しますか?

「このケーキ、マジ旨いわー」

正解・・。嘘です。こんな返事の仕方をしたら、それは彼氏と会話が盛り上がるかもしれません。しかし、もし、これが夕暮れのトワイライトな時間帯だったらどうでしょう。ロマンチックな雰囲気が一気に冷めてしまいますよね。

そんな時は、じっくりスイーツを味わった後に・・・。一言。

「好き・・・。」

このスイーツが美味しくて好きなのか、彼氏のことが好きなのか曖昧なコメントですよね。この間の取り方と最低限のコメントが彼氏をドキドキ言わせるのです。恋愛では、こういう間と最低限のコメントが重要です。

彼氏の家へ行ったときの間の摂り方

さて、スイーツを食べた時の反応の仕方はご紹介しました。これはレストランで美味しい食事をしたときも同じです。

続いては、彼氏の家へ招かれて、馳せ参じた時の間の取り方です。

彼氏の家へ入った瞬間に、「お邪魔します!」と、サッサと上がりこんでしまいますか?もう、お分かりですね。違いますね。

彼氏の部屋へ入るときは、恐る恐る。そろっそろっと入ってみましょう。いかにも男性の家へ入るのが初めての女の雰囲気です。

そして、部屋の中に入ったところで、「ただいま」なんて、言ってみるのもありかもしれません。

何が言いたいかと言えば、お邪魔します!とドタドタ入るのではなく、おっかなびっくりの間の取り方で部屋にあがり、少し間をあけてからお邪魔しますというところがポイントです。

こうすることで、男性側から見ると、男ズレしていない生娘に見えるのです。

最後に

恋愛における正解パターンは、ワンテンポ遅れて恐る恐る感想を言うというところにあります。ワンテンポ、コメントを遅らせることで女の色気が出てくることを理解できれば、上手な恋愛ができるでしょう。