人としてステキになる!3つの行動からみるモテる女の共通点

機転の利く女性

たとえそれが初々しい10代、20代であっても。恋に慣れてきた30代、そして大人の恋を存分に楽しめる40代だったとしても、年齢ごとに恋愛のテクニックで普遍的なものがあります。それは、結局のところ、女としてどうなの?というよりは人間としてどうあるべきか。つまり、人として尊敬できる人間であれば、恋愛も1度や2度の失敗こそすれ、最終的には満足のいく結果になるものです。

恋愛テクニックと書きましたが、これはテクニックというより、普段の心がけがモノをいう世界だったりします。

しかし、悲しいかな、中々優れた人間性を発揮することは出来ないところが辛い訳で。少なくとも性格といった内面は徐々に美しくしてゆくしかないのですが、行動だけでも人間的に、そして女としてもグッとくる素晴らしい立ち振る舞いを心がけたいものですね。そこで、本日は、男性が恋愛対象として、女性のどんな行動にグッとくるのか具体的な例をとってご紹介したいと思います。

もちろん、男性目線で自分の行動を正すというのは、あまり良くないと筆者は思います。しかし、一つの客観的な目で、女性のこんな瞬間を見た時に人間的に優れていると男性陣が感じているのであれば、一つの指標として活用するのも良いかなと思います。

スポーツジムの出口で一礼をして出てゆく女性が可愛い

スポーツクラブのジムエリアから出てゆくときに、フロアへ向かって一礼で、出てゆく人がいた。なんだかすごい躾けが厳しかったのかなと、興味がでた。[30代・会社員]

剣道や弓道の道場から退室するときに一礼をして出てゆくのは、一つのマナーとなっていますが、確かにジムでもこの光景を見ることがあります。どちらかというと、年配の方に多いようですが、たまに若い方も見かけますね。

筆者もサボりがちながらジムの利用者ですが、男性女性問わず、ジムのフロアに礼儀を尽くす人はいるようです。普段、漫然とジムで汗を流す筆者には思いも及ばなかったことですが、立ち止まって考えてみると、自分の体を戒める空間に対しての礼儀は当たり前かもしれませんね。

ところで、男性目線でこの行動を見るとき、その女性のバックグラウンド、つまり生まれてからの躾けや普段のストイックな生活スタイルを連想させるようです。結婚してからもお互いをリスペクトしながら成長してゆけるパートナーとして、興味が湧くという男性は多いのではないでしょうか。

「飴ちゃん」には理由がある!?

東京から大阪に転勤した時、同僚の女の子が「はい、飴ちゃん」と飴をくれた。自分の手を握って渡してくれたので、暖かかったし、一発で好きになった。彼女にはできませんでしたけど。[20代・金融]

関西、特に大阪に住んだことのある方なら分かると思いますが、大阪の女性は、飴ちゃんを常にポケットの中に忍ばせているようで、半ば挨拶のように、飴ちゃんを配っています。
実は、これも大阪人特有のコミュニケーションスタイル。飴を「飴ちゃん」と呼びかえることで、愛嬌を表現し、そして相手と上手にコミュニケーションをとるための「ツール」として活用しているんですね。

ポイントは、飴を持たせた相手の手を包み込むように握って渡してあげるのがコツで、年配のベテランから若手の女性へ脈々と伝統が受け継がれています。

少し、マナーのよいレストランや、コンビニの店員もたまに、手を包み込むようにして釣り銭を渡してくれるときがあります。人は、手を握られることで、安心感や親近感を感じる生き物。
普段からさりげなくそれを表現できる人は、やはり男性から見ても、「この人は相手の気持ちを理解できる温かい人に違いない」と思うようです。

それにしても、大阪はそれが自然に表現できるよう「飴ちゃん」を活用することで、伝統的に躾けられているということ。それは素晴らしいことではないでしょうか?

細かいゴミにもすぐに気が付く女性はステキ

デートの時、彼女が自分のユニクロで買った服にタグシールが付いていることに気が付いて、さりげなく剥がしてカバンに片付け、何食わぬ顔をしていた時にグッと来た。[年齢非公開]

結構、男はしっかり身だしなみを整えている人でも、細かいところに気が付かなかったりするもの。そんな時に、彼氏のちょっとした失敗に気が付き、それを言葉で指摘するのではなく、ササッとなかったことにしてあげる。
恐らく、男性目線で見た時に、細かいところに配慮ができる。相手のプライドを傷つけずに対処できるという点で優れた人だと認識するのではないでしょうか。

案外男性同士でも洗濯タグやシールが洋服についているということは気が付くものですが、さりげなく処理するということは中々出来ないようで、よく筆者の周りの男性陣でも指摘しあっています。

そんな彼の失敗を温かく処理してあげるのは当たり前と考える人もいると思いますが、性別が違うだけで、なんて素晴らしい人なんだ!と、反応も異なってくるんですね。

まとめると

最後に、これらの3つのエピソードに共通していること。それは、礼儀、優しさ、相手を立てるの3つの秘密がありました。
秘密といっても、それらは男女問わず「人として素晴らしい」行動であることには違いありません。さて、恋愛を始めたい。誰かと出会いたいと考えた時に、これら人として優れた行動を発揮できれば、最愛のパートナーと出会える確率も上がるというものです。

実践できれば、人としても女としても、より輝きが増すと考えるのは筆者だけでしょうか?