友達と同じ男を好きになった!?円満に略奪する方法

彼氏を振り向かせる

人を好きになることは理屈じゃなくて本能。そう思いませんか?
例えその相手が友達も好きなんだとしても、一度好きになれば気持ちは止められませんよね。
あなたはその時どうしますか?

友達に譲りますか?それとも二人とも、彼から身を引きますか?
いいえ、欲しいものは一度手を放したら戻ってくることはないんです。絶対に欲しいもの、大好きな彼は離してはいけません。
ここでは円満に、友達も彼も失わない最善の方法を一緒に考えて行きましょう。

事前調査は本当に大切

まず第一に、友達は彼のどんな所が好きなのかを聞き出してください。
顔がカッコいいからなのか、性格が好きなのか、人気があるから憧れているのか、その人じゃないとどうしても駄目な位好きなのか。

顔が好きなだけなら、これは好都合。自分で友達が好きそうな男の子、尚且つ彼女が欲しい子を探し出して、宛がうんです。
誰だって、異性に愛されたいと願うもの。そしてその異性の顔が格好良かったらお友達の欲は満たされます。
彼が好きだったのも、勘違いじゃないの?と上手に誘導してあげましょう。

彼の性格が好きだ!と友達がいう場合、これは少々厄介です。
ちゃんと彼の内面を見ているということは、そう心変わりはしないものです。
ここで有効なのは、ほんの少しずつ、彼の性格のマイナス部分を彼女に伝えて行くことです。この内容は、主観的で大丈夫です。

大切なのは、一気に言わないで小出しにしていくこと。
少し時間はかかりますが彼女の中に、小さな彼との不信感を植え付けていくのです。

人気があるから憧れて自分のものにしたいのなら、彼よりもっともっとカリスマ性のある人を紹介して、彼をちっぼけな人へと変えてしまうんです。

ああ、私が好きだった彼はこんなちっぽけな存在だったんだ、と友達が思ってくれれば大成功。
そして最後、一番困るのは、彼氏が欲しいから彼を好きになったのではなく、『彼』だから好きになったという場合。

この場合は多少心が揺らぐようなことを言っても、きっとこの場合の友達は同じではありません。
解決策はただ一つ。友達と争い始める前に、貴女自身が身を引くフリをするのです。
「私は友情の方が大切だから」そう涙ながらに訴えれば、彼女も自分自身の想いをこのまま主張する訳にはきっといかなくなるでしょう。それが最大の狙いです。
恋人はいくらでもこれから見付かるけれど、友人は違う。

略奪愛が許される所以

お互い欲しい、欲しいと取り合えばきっとどちらも何も手に入らず傷が大きくなるだけで、スマートじゃない。

友達と同じ男性を好きになってしまったら、一歩わざと引いて譲ったふりをしてしまう。これが鉄則です。

同時に、彼に思いをそのスタイルで伝えると尚一層効果的でしょう。

「本当は彼が好きだけれど、友達が傷付くくらいなら私が身を引く」

そんな風に告げられて、ドキッとしない男子はいないと思います。

周りや友達の考えを優先させる方法も、優しくてとても素敵だけれど自分の欲しいものは自分にしか分かりません。
万が一、失敗して友達も彼も逃げてゆく可能性はあります。それに、もちろん略奪なんて誰だってしたくありませんし、友達は人生にとって大切なものです。時としてパートナー以上に大切なことに気が付かされるでしょう。

そして、本日ご紹介した方法は、リスクが0%ではありません。

でも、もしあなたがリスクを冒してでも本当に彼を手に入れたいと望んでいるならば、少し狡い手段を使ってでも先手を打って確保すべきときもあります。