遂に判明!彼が告白してくれない原因4つ

女心は複雑なものですが、女性にとってみれば男心も十分難しいものです。
時には、気付かない間に男心を傷つけてしまったり、男性から距離をおかれてしまったりする事もあるかと思います。
今回は、そんな男性と接する際に気を付けたいポイントについてまとめてみました。

①男のプライドを傷つけるワードはNG

男性と接していると、時には頼りないと感じる瞬間もあるかと思います。
また、売り言葉に買い言葉で、口論になった時に「男のくせに○○だ!」なんて言ってしまった経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

女性にとっては何気ない一言かもしれませんが、男性的に劣っていると感じさせる発言は、女性が思っている以上に男性を傷つけてしまいます。
また男性自信、男らしく振舞えない事に強いコンプレックスを抱えている人もいるので、男性のプライドを傷つけるようなワードは選ばないようにしましょう。

②女性的なワガママは時と場合を選ぶ事

基本的に、男性は女性に対して強くでれません。
なぜならば、男性は女性より力が強い事を理解していますし、昔から女性には優しくするように言い聞かされてきたからです。

ですので、多少の女性のワガママは許される事も多いですし、ある程度であれば恋愛のかけひきにも有効かと思います。
しかし、男性も我慢をしているだけで、実際にカチンときているケースも勿論あります。

女性にとっては、甘えたい気持ちや友好的な発言だったとしても、度をこしたワガママは嫌煙されてしまいます。
また、男性は女性に嫌な事を言われても表情に出さない人も多いので、動機がどうであれ失礼すぎる発言は避けましょう。

③金銭感覚を合わせる

女性の方が、お金に関してシビアと思われることも多いと思います。
しかし、実は、男性心理は元々ケチな生き物。正確には、合理的にできていて、無駄なお金は絶対に使いたくないと考えています。
そんな男性は知らず知らずのうちに、あなたのお財布の使い方を見抜いているもの。金銭感覚が放漫な女性と思われると、
コイツ、付き合ってから、結婚してからもお金がかかるな!と思われてしまうのです。

好きなブランドがあっても、最初のうちくらいは無難なもので固めて金銭感覚がマッチしているように見せるべきです。

④好きな男性の苦手なコミュニケーションを把握する

女性に比べると男性はコミュニケーションが苦手な人が多いです。
時には、男性への不満からコミュニケーションを強要してしまう事もあるかもしれませんが、苦手なものを強要すると男性の気持ちが離れていってしまう事もあるかと思います。

しかし、苦手とするコミュニケーションには人それぞれ個人差があるもので、メールが苦手でも電話なら問題ないという男性もなんかもいるかと思います。
まずは相手の苦手なコミュニケーションを把握して、上手くコミュニケーションを取るにはどのような方法がベストか考えてみましょう。

いかがでしたでしょうか。
男心を理解して、上手く男性と接していきましょう。