その努力間違ってます!? 男が理解できない女子の努力は?

間違った恋の努力

男と女が相対する時、無意識にお互いを観察しています。相手の性格、センス、そしてそもそも恋愛対象か否か? 一方、恋愛は見た目も重要。人間は最初の0.5秒で相手を見抜くと言われるほど第一印象が勝負の決め手になることも。

そんな勝負のために日々自分に磨きをかけている女性は多いと思います。ネイルサロンに通ったり、可愛い服を常にチェック。靴の選び方からまつ毛のディテイルにこだわるのは当然。そんな涙ぐましい日々の努力がどれほど男性の印象に残っているかは知りたいところ。男は女性のどこを見ていて、どこを見ていないのでしょうか。本日は、恋愛対象になるために男性が見る女性の魅力ポイントのウソとホントについて考えてみたいと思います。

美的センスが男女間で全く違う


もちろん、男性にも好みがあるし、そこに個人差は存在します。ただし、往々にして女子が可愛いと思うポイントと男性がイイ!と思うポイントは違うもの。この違いが時として「ワタシはこんなに努力をしているのにモテない」と感じるミスマッチになります。以下に特にミスマッチが発生しやすいポイントを上げてみました。

● ネイルは全く見ていない

自分が楽しむためにネイルサロンに通ったり、ネイルカタログのチェックに余念が無いという方。自分で楽しむためならOKです。しかし、ネイルに熱を上げるあまり、デートや合コンでネイル推しをしてしまうのはNG。何故ならば、男子はネイルを見ていないから。いつものようにデータでご紹介します。「男性は女性のネイルが好き?「別に61% 正直、顔しか見ない」」(マイナビウーマン)という調査結果があります。実に男の6割が「別に興味ない」と回答しています。でも、残りの4割は?と思われるかもしれませんが、興味があるというよりは、話題作りのキッカケに使ったり、「この爪割れたりしないのかな」とか、筆者の知人は「引っ掻かれたら痛そう」となんとも失礼なご意見を述べておりました。興味の方向性が違う!

とかく、男はそんな女子のセンスに気付かないか、合コンの話題のきっかけ作りにしたり、女子からするとブーブーと言いたくなるようなことに興味を持っているケースが多いようです。

● 部分痩せに効果なし

二の腕が気になる。ウェストや太ももを後○センチ小さくしたい。ダイエットの悩みは女子の永遠のテーマ。でも、痩せるなとは言いませんが少なくとも部分痩せをして男子が食いつくかどうかは別問題。もちろん、痩せることでモチベーションを維持している!という方もいるでしょう。それも悪いこととは言いませんが、むしろ女子が考えている理想の体型と男子が好む理想の体型は違います。あるデータによると、男性の約7割が標準体型かぽっちゃり型を好むという結果もあるのです。

むしろ、過剰なダイエットは男性の印象を悪くしてしまう場合も。特に部分痩せはモデルのような体型を目指す人にとっては大切かもしれませんが、それが男性の評価につながるかどうかは別次元です。杞憂に終わることがないようにしたいですね。

● テカテカグロスは逆効果

特に20代前半の女性がやってしまいがちな失敗パターンにグロスの使い方があるのではないでしょうか? かわいく見せたい、相手に気があることを示したい。そんな恋心から艶でウルウルなリップを使う方がいます。これは使うタイミングを間違えると逆効果。男性目線で見ると、「遊んでいる女」という印象を与えてしまうことも。さらにネットでは「天ぷらでも食べてきたの?」などという笑い話があるほど、男性は冷静に観察してしまっていることが伺えます。

合コンで目立ちたい、今はまだ本命の男はいらない!と断言できるなら艶のあるグロスはOKです。ただし、本気の恋愛をしたい相手ならご一考を。

これから寒くなる季節ですから乾燥防止にグロスを塗ることもあるでしょう。その場合は、派手になりすぎず、魅せグロスにならないように心がけてください。

女性はピンポイント、男は全体。これが鉄則

どうしても、女に生まれたからには、美にコダワリたいもの。そうなるとディテイル=細部に気を使いたくなるのは世の常です。一方の男性は細部よりも全体を見て相手を評価しようとします。それは、全体的な体型のバランス、清潔感、オシャレのバランス、そして話し方などを総合的に観察して、どのような人物であるかを把握しようとする生き物です。

ディテイルにこだわることも大切ですが、本当に必要なことはあくまでバランスです。こだわりすぎて、ここは気を浸かっているのに、あそこは雑! そんな印象を持たれないようにすることが最も本命の男性を落とす秘訣です。メイクやファッション、ダイエットもバランスよくコツをつかんで自分をトータルにコーディネイトできるように努力したいですね!