あざとくても良い!好きな男を振り向かせるズルい女になる方法

ズルい女

「あざとい」なんて言葉があります。目的を達成するためにちょっとズルい手を使うことです。

清く正しく美しくをモットーにしている人が聞いたら、虫唾が走るほど嫌な女なイメージがありますが、実は「あざとい」ことは悪いことではありません。

恋愛は平等ではありません。

自分の容姿に自信がなかったり、好きな男性がいるけど、なかなか相手にされなかったり。でも、付き合いたい!

これは当たり前の感情です。それに人生は一度きり。だったら、多少、あざとくても・・・ズルくても、好きな男性に振り向いてもらうテクニックを使うしかありません。

そこで本日は、大好きな男性に告白してもらえる、ちょっぴりあざとい女性になる方法をご紹介します。

あざとい女性とは?

そもそも、あざとい女って、どんな人のことを指すのでしょうか?

あなたの周りにもいませんか?あまり、可愛い訳ではないのに、男性からモテる女友達。

よくよく観察してみると、ある共通点に気が付きます。それは、客観的にみれば、美人ではないのに、自分はカワイイ女子であるとアピールすることが上手なんです。

あざとい女性って、自己アピールが上手で戦略的な人なんですよね。

そして、男性は素直にそのアピールにメロメロになったりしています。

つまり、男性は女性のことをカワイイかどうか気にしていないんです。それよりも自己アピールが上手かどうかを見ています。

詳しく説明すると、カワイイと思うかどうかは男性毎に異なりますし、好きな女性のタイプも違います。それよりも、コミュニケーションが上手な女性に対して惹かれる傾向があるんですよね。

それをよく分かっているのがあざとい女性なんです。

待っているからモテない

実は、多くの女性が自己アピールが下手です。

新しいファッションを取り入れたり、ヘアースタイルにこだわったり、美に対して並々ならぬ努力をしている女性は多いですが、実は男性はそれほど気がついていません。

元々、男性は美に対して鈍感ですし、女性の変化にも気が付きません。

だから、女性の多くは、努力はしているのに気がついてもらえないという勿体無い状態になっています。

せっかく好きな人ができて、恋愛を頑張ろう!と意気込んでいるにに、男性に気がついてもらえなければ意味がありません。

それならば、モテるために、そして気になる男性に気がついてもらうために、自分を売り込まなければ損です。

あざといと言ってしまうと、確かに抵抗を感じる人は少なくないでしょう。でも、自分の努力に価値があるのなら、それをアピールして何が悪いのでしょうか?

絶対に、戦略的にアピールすべきなんです。控えめなんてもったいなさすぎます。

アピールの仕方や注意点

しかし、これまであざとくアピールしたことがない人にとって、明日からあざとくなろう!と言われても、どうすればよいか分からないものです。

あざとく生きるにはどうしたらよいのでしょうか?

あざとく戦略的にアピールする第一歩は、感情表現を豊かにすることです。

ファッションに力を入れたり、ヘアースタイルやメイクを頑張ったとして、「今日の服カワイイでしょ」と口で男性に伝えてもダメ。

そもそも美に興味が無いのですから・・・。興味がない人にアピールされても、それを興味をもって見られませんからね。

それよりも、表情を豊かにして喜怒哀楽をハッキリさせたり、上目遣いや相手を見つめたりといった仕草を工夫することで、ファッションやヘアースタイル、メイクなども含めて「自分を総合演出」することができます。

つまり、洋服やメイク方法などのピンポイントをアピールするのではなくて、ファッションというツールを使って可愛くなった自分全体を見てもらうように誘導しましょう。

どんなに良い成分の入った化粧品でも、素材の素晴らしさをアピールされても良さがイマイチ分かりません。でも、この化粧品は「美白効果あるんです」といえば、一気に魅力的な商品に感じます。

それと同じで、自分の努力の成果を気がついてもらうために、仕草を工夫してアピールしましょう。

手前味噌ですが、以前、こんな記事をご紹介していますので、ご参考にしてください。『男が胸キュン!男性が悶絶して喜ぶモテ仕草5パターン』。

いかがでしたか?「あざとい」のイメージは変わりましたか?