小心者の私!こうしたら男性に恋の気持ちを分かってもらえる

好きの心

性格が小心者すぎて、なかなか男性に好きの気持ちを伝えられない人って多いと思います。例えば、男性から食事に誘われて、ついて行ったはいいけど、怖くて、恥ずかしくて、モジモジしてしまい、男性から脈なしと判断されて、それ以上、恋愛が発展しなかった!なんて経験を持っている方もいるのでは?

果たして小心者の性格だと、恋愛は出来ないのでしょうか?

それとも、男性にスキの気持ちを伝えて、恋の気持ちを成就させる方法があるのでしょうか?そこで、本日は、男性に好きの気持ちを伝える方法について考えてみたいと思います。

目力を使って好きを伝える

男性と会話をする時、緊張してしまって話せなくなってしまうのも小心者の特徴です。普段、相手が友達であれば、全然、緊張せずにべらべらしゃべれるのに、いざ、気になる男性を前にすると、まるで口が貝になったかのように話せなくなる・・・。

そんな人は、無理にしゃべる必要はありません。緊張している人が口を開いたところで、饒舌に話せるようになる訳でもありませんし、むしろ、変なことを口走ってしまい、余計にテンパることになってしまいます。

そんな時は、聞き役に回った方が吉です。でも、ただ、聞き役に回っているだけだと、男性から「あれ?俺の話しつまらないのかな?」と思われてしまうのがオチです。

そこで、おススメしたいのが目力を使うのです。相手が話しているのを、強い眼差しでジッと見つめる。それだけで、相手には「お!俺の話しが刺さってるぞ!」と思わせることができます。

ちょっと、古典的な方法ですが、無理なテクニックを使っても上手くいきません。でも、目は相手に強い印象を残すものです。ぜひ、試してみてください。

男性と手を繋ぐ

話すのは苦手でも、ちょっとした行動であれば、一歩踏み出せる人だったら、相手の男性と手を繋ぐ方法もあります。

恋愛は言葉だけではありません。二人で黙って歩いている時に、不意に女性から手を握られてグッとこない男性はいないでしょう。いや、むしろ、もっと好きになってくれるに違いありません。

手を繋ぐ行為は、お互いに体温が分かる方法。じわっと手のひらから伝わってくる温かさが、そのまま恋の気持ちへと昇華されてゆきます。

ガッツリ手を繋ぐことが恥ずかしいという小心者のかたでしたら、例えば、つまづきそうになった瞬間に手を握る。ちょっと、彼氏の指先だけを握ってみるなど、多少の演出をしてもOKです。

プレゼントを持ってゆく

話せなくても、好きの気持ちを伝える行動を起こせなくても相手に恋の気持ちを伝える方法ならいくらでもあります。その方法の一つが、男性にプレゼントを用意しておくことをお勧めします。

プレゼントといっても、大したものでなくても構いません。コンビニで買ったお菓子など、なんでもOKなのです。むしろ、高いモノを買っていってしまうと、重い女と思われるだけですし、プレゼント返しをしなければいけないと思われてしまいます。

男性心理として、女性から何かをもらうことは、それが例え、100円、200円の「ちょっとしたもの」でも、十分にパンチがある行為です。そうです。特別感のあることなのです。

だから、男性と会う約束があるのなら、待ち合わせの前にコンビニで「ちょっとしたもの」を購入しておくと、効果てきめんでしょう。

袖を引っ張る

先ほど、手を繋ぐテクニックをご紹介しましたが、手を握ることのハードルは高くても、せめて彼氏の袖をひっぱるだけだったら小心者のあなたでもちょっとした勇気でできるのでは?

手と袖にどんな違いがあるのか?と問われれば、理詰めで答えることは難しいですが、手を握る行為と同じくらい男心をくすぐる行動が袖をちょっと引っ張る行動なのです。

少女漫画でイケメンの男子の袖を不意に引っ張る。歩くのが速い彼氏の袖を引っ張って、ちょっと待っての仕草をする・・・。それを連想して試してみてください。