モテる女は男性の誘いを「断らず」かといって「誘いには乗らない」

男から誘われる

どういう訳か、顔の良し悪しに関わらず、常に男が絶えない女性がいます。別にファッションセンスが飛び抜けて良いわけでもないし、まさか「カネ」で男を釣っているわけでもあるまいし、どこにそんなオーラがあるのかもハッキリしない。そんな女性っていますよね。

実は、これ、男性のキープの仕方が上手い人なんです。

そこで、本日は、男性からの誘いを断らずに、が、しかし、すぐには誘いに乗らないことでモテるテクニックをご紹介したいと思います。

誘いに気づこう

私ってモテないんだよ。恋愛の漂流民だよ。なんて、思っている人ほど、男性からの誘いに気が付くことはできません。筆者は、どんな女性でも、大なり小なり、男性からの誘いのチャンスが訪れているものだと考えています。

しかし、それが、遊びの誘いだったり、学生なら「一緒に勉強しよう」なんていう分かりにくい誘いなのかもしれません。

まず第一に、モテる人は、男性の分かりにくいお誘いに上手に気が付くことができる人です。

そもそも、いくら直球な男性であっても、いきなり「僕とお付き合いしてください」なんていう男は存在しません。まずは、知り合いから、お友達からが普通です。この知り合いになりたいサインを注意深く待つことからはじめましょう。

基本は断らない

男性から、「一緒に来ない?」「一緒に〇〇しない?」と誘われた時に、モテる女性は原則として断りません。やや大げさに、「本当に?興味ある~」と誘ってくれたことを表明します。

この「大げさに」がポイントで、普通の言い方で、「興味ある~」と言ったところで、本当に興味があるのか相手には伝わりません。だから、大げさに表現するのです。

しかし、すぐには誘いには乗りません。「すっごく行きたいんだけど、○○ちゃんと約束があるから、今度、二人で行きたいな」と、一旦、その場では断ります。しかし、次回に向けた約束は必ず取り付けるのです。

すぐには誘いに乗らない

恋愛を上手にこなすにはステップがあります。男性は、女性を口説くまでが非常に楽しい、エキサイティングな時間であることを覚えておいてください。だからこそ、すぐには誘いには乗らないが、「可能性」を提示するのです。この方法で、男はさらにあなたに対して興味を示します。

すぐに誘いに乗ってしまうと、ある種、口説きのファーストステップに成功したことになりますから、その瞬間に興味を失ってしまう男性も存在します。

このことが分かっていて、「誘いには乗るけど、すぐには行かない人」がモテるのです。

ちなみに、すぐに誘いに乗らないことで、男をキープすることも可能です。複数の男と同じように約束を取り付けておけば、その中から本当に恋愛を進めたい相手とだけ、次のステップに進めばよいのですから。

いかがでしたか?少し、ズルい方法かもしれませんが、恋愛にはズルさも必要。少し意識してみるとよいと思いますよ。