損な人生!恋愛で他の女友達に出し抜かれる人の特徴3つ

好きな人が出来たのに、中々、告白できずに他の女友達に男性を取られてしまった・・・。付き合っていた彼氏と喧嘩して、関係を修復できずにモヤモヤしている内に、他の友達に取られた。

そんな究極的な不幸に見舞われたり、露骨な事態にはならなくても、自分より先に他の友達に恋人が出来てしまう。そんなことってありますよね。

いつも友達に出し抜かれてしまい、恋愛の勝者になれない人がいます。どんな人が恋愛敗者になってしまい、女友達に出し抜かれやすいのでしょうか?

本日は、他の友達に出し抜かれやすい人の特徴をご紹介したいと思います。

すぐに行動に移せない

まず一つ目の特徴として、すぐに行動に移せない人がいます。

その理由は様々で、「恋愛は男性からアクションを起こすもの」と既成概念に囚われてしまっていたり、「失敗したら怖いから、まずは様子を見よう」と考えていることが挙げられます。

一口にまとめると、気持ちが内向きで、変化を恐れる傾向にあります。

もし、あなたが、このタイプに当てはまるなと思ったら、まずは、これまでの既成概念を捨てて、失敗しても良いから自分から告白をしてみることをお勧めします。

もしかしたら、告白を断られるかもしれません。しかし、万が一、断られても恋愛で失敗することに耐性がつきます。ひとたび、耐性がつけば、次の恋愛で、自分からアクションを起こすことに対して抵抗感が少なくなります。

恋愛の勝者になれる人は、早い段階で失敗を経験してきた人です。先ほど、気持ちが内向きな人、変化を恐れる人が敗者になりやすいと書きましたが、逆に、失敗の経験を積むことで、恋愛に対してアクティブになることもできることを覚えましょう。

精神的に自立できていない

精神的に自立できていないことは、性格が子供っぽいと言っている訳ではありません。

例えば、好きな人が出来た時に、すぐに友達に相談して、友達のアドバイス通りに進めようとしたり、友達に気になる男性との間を取り持ってもらう人です。

何がいけないのでしょうか?

それは、精神的に友達に頼ってしまうクセが付いてしまうことです。いつの間にか、どうすれば恋愛を成就させられるか考えることが出来なくなってしまうから。

友達にアドバイスを求めること自体は悪いことではありません。しかし、それが行き過ぎてしまうと、あくまでも友達のやり方、考え方で行動しているだけで、主体性のない恋愛になりがちです。

恋愛は、あくまで自分が舞台に立って劇の主人公になることに似ています。舞台に立つ切符はあくまで自分でしか獲得できません。にもかかわらず、いわば友達の操り人形になってしまっていては、自分から恋愛の舞台に立とうと努力する人に勝つことは出来ないことを覚えておきましょう。

相手のことを考えすぎる

こんなことをしたら男性が困るだろう。自分の気持ちばかり相手に押し付けて嫌われはしないか・・・。そんな心配をする人も恋愛で勝者になれない人の特徴です。

相手がどう思うか?と気づかうのは、恋愛が成功して、男性が彼氏になってから。彼氏のことはたくさん気づかってあげてください。

しかし、カップル成立前は、相手のことを気遣う必要はありません。最終的に「相手がどう思うか?」よりも、「自分を売り込む方」を優先した人が得をします。

これを読んでいる人の中には、「いやいやそうじゃないでしょ?」と思う人がいるかもしれません。

しかし、この世の中、仕事でも、人間関係でも、最終的には人の目を気にせずに身を乗り出して自分の欲しい!と思うモノを手に入れようと行動する人が得をするように出来ているのです。少し、ズルく生きてみてはいかがでしょうか?