彼氏とバーに行くときに注意したい点は?バーでデートのコツ

バーで恋愛の彼氏とデートをする

大人の恋愛を楽しみたいならデートのシメにバーに行くことをお勧めします。バーはじっくり会話を楽しむだけでなく、彼氏のマナーやたしなみをじっくりチェックできる吟味の場でもあります。(もちろん、あなたも彼氏からみられていますので注意が必要ですが・・・。)

そこで、本日は、彼氏とバーをデートにいくメリットと楽しみ方、そしてマナーをご紹介したいと思います。

お酒の知識をひけらかすな

バーには、いくつか種類があり、ワインバー、焼酎バーなど、特定のジャンルのお酒を扱うタイプのバーがありますが、ここでは、ショットバーについてご紹介します。

ショットバーと聞くと敷居が高いイメージがありますが、いざ、扉を開けば決して入りにくいお店ではないことが分かります。もちろん、ほとんどの店が一見さんお断り・・・なんてことはなく、初心者大歓迎なので安心です。

最初に何を注文してよいか困るかもしれません。そんな時は、彼氏に選んでもらっても良いですし、二人ともお酒に詳しくなければ、バーテンダーに「何を飲むべきか」を聞いてしまうのも一つの方法です。

バーテンダーはお酒のスペシャリスト。その時の気分や好みに応じてお酒を紹介してくれます。

一番NGなのは、バーでお酒の知識をひけらかしてしまうこと。バーテンダーはもちろんのこと、バーに来るお客さんはお酒に詳しい人が多いので、下手に知識をひけらかすと、周りから白い目で見られてしまいます。

もちろん、知識をひけらかす彼氏はバーに慣れていない、実はお酒に詳しくはない・・・。そんな彼氏だということが読み取れます。いざ、恋愛となると張り切る男性がいますが、ちょっと痛いかもしれませんよ。

バーでの過ごし方

たまに、大声で騒いだリ、しゃべったり、ゲラゲラ笑ったりしている人を見かけますが、バーでは静かにしゃべりましょう。周りには静かにお酒を楽しみたい人もいますし、他の人に干渉しないのがマナーです。あくまでも、彼氏と愛を暖める二人の空間を作るようにしましょう。

バーでお酒を飲み始めてしばらくたつと、バーテンダーが話しかけてくるかもしれません。これは、お客さんの雰囲気を知って、その客にあったサービスを提供したり、二人だけでは会話が途切れてしまい気まずい空気になってしまうことを防ぐためです。

そんな時は、嫌がらずにバーテンダーと会話を楽しみましょう。もちろん、こちらから話しかけても構いませんが、忙しそうにしている時に話しかけたり、バーテンダーの個人的なことを聞いたりするのは、ルール違反。何を話したらよいか分からなければ、お酒について色々聞いてみるのもよいでしょう。

ここで、バーテンダーと上手に会話できる彼氏は、バーの経験が豊富か、場の空気を読むのが上手な人です。やはり、彼氏にはそうであってほしいものですね。

飲みすぎはご法度

バーのカクテルは少々強めです。上手に飲まなければすぐに酔ってしまいますから注意が必要です。まずは、ペース配分を考えましょう。普通は、2時間いたとして、3~4杯が限度です。それ以上飲んでしまうと、余程お酒に強い人を除いて、たいていはフラフラしてしまうことになるでしょう。

もし、少し酔ってきたなと思ったら、チェイサーを頼みます。チェイサーは、口直しに飲むお水のことで、お酒を飲むのが上手な人は、適度にチェイサーでアルコールが回ることを防ぎます。

さすがにバーでデートをしたはいいが、お店を出た後に歩けなくなるような失態は避けたいものですね。

バーのデートで飲みたいお酒

最後にせっかくデートでバーにいくのなら、飲んでおきたいお酒があります。そんなお酒たちをご紹介します。

ジントニック

居酒屋でも普通に見かけるお酒、ジントニックですが、バーで飲むと一味違います。モスコミールは、バーによってもお店の味が出るお酒で、氷などにもこだわっているバーの場合は、居酒屋のそれとはまったく違うおいしさがあることに気が付くでしょう。

カイピリーニャ

カイピリーニャは、カシャッサをベースにライムジュースと砂糖などをまぜて作るお酒で、砕いた氷をグラスにいっぱいに入れて、そこに注がれるケースが多くあります。ミントなどが添えられていることも多く、さっぱりしていて、それでいてほのかに甘い女性におススメのお酒です。

キール

キールは、白ワインをベースにカシス系のお酒を混ぜて作る、ちょっぴり赤いお酒です。ワインの風味が強く、それでいて味は軽いので、飲みやすいお酒です。

あまり、バー以外では見かけないお酒なので、バーに行ったらぜひ飲んでおきたいお酒ですね。

マティーニ

カクテルの王様と言われるマティーニ。映画などでもよく飲まれている場面を見かけますね。ドライジンとドライベルモットで作るお酒で、中に串に刺したオリーブを入れることが普通です。

筆者の場合は、マティーニですぐに酔ってしまうので、アルコールに弱い人は注意が必要。まだ、体調に余力があるうちに頼みましょう。

いかがでしたか?バーをデートの行先に加えるのも面白いかもしれません。そこで彼氏と恋愛を深めるのもまた一興。ぜひ、トライしてみてください。