おとなしい草食系男子を確実に告白に導く3つのステップ

臆病な男から告白

自分からアクションをとらない草食系男子。できれば、告白は男性からしてもらいたいのに、行動に移すことができないタイプの男性です。この手の大人しい男性から告白を勝ち取るためにはいくつかのテクニックが必要。

そこで本日は、大人しい草食系の男性から告白をゲットするためのテクニックをご紹介します。

話しは自分の話しから

大人しい草食系男子と会話をする時に心がけたいのが、相手の話を聞くスタンスではなく、はじめは自分から始めることです。

なぜならば、大人しい男性は、女性経験も少なく、どのような話を切り出せばよいのか分からない人が多いからです。もし、相手の話を聞くスタンスで臨んでしまうと、一生懸命にしゃべらなければいけないというプレッシャーを与えるばかりで、緊張をさせてしまうことになるでしょう。

加えて、緊張すると余計に上手く話しができなくなってしまい、「俺、失敗している・・・」と誤解され、告白が遠のいてしまうこと必至です。

だからこそ、会話をする時は、自分からリードすべきです。自慢話でも構いませんし、相手に対しての質問でも構いません。どのような内容でも、イニシアティブをとってあげることで、相手の男性に安心感を与えることができるでしょう。

まずは友達から仲良くなる

恋愛のスタートには、告白が必要です。告白無くして恋愛は始まりません。中々告白してこない相手の男性に焦りを感じることでしょう。もしかしたら、単なる仲良しで終わるかもしれない・・・。

しかし、絶対に焦ってはダメです。

草食系男子は、女性との距離の縮め方が上手ではありません。逆にこちらから距離を縮めようと、ぐっと近づくと、恐れをなして逃げていってしまう場合もあるほどです。

大人しい男性から告白を受けるためには、その前段階で、仲良しとしての長い付き合いが必要になってきます。最低でも、半年から1年は必要でしょう。

そして、十分に仲良くなったと感じたら、初めて一気に距離を縮めて告白へ導くテクニックを繰り出してください。決して焦って、気軽に話せる間柄でもないのに、告白ゲットへ突っ走ってはダメです。

告白しても成功すると確信させる

草食系男子が告白しない最大の原因は、告白しても失敗したらどうしよう・・・という恐れ以外の何物でもありません。要するにちょっぴり臆病なのです。

で、あるならば、絶対に告白しても成功するという確信を持たせてあげましょう。

方法としては簡単です。例えば、「今、告白されたら落ちちゃうな・・・。」とか、「もしかして、私に告白したいと思ってる?いいよ?」など、自分から背中を押して上げましょう。

もちろん、背中を押す言葉を送っても、その場で告白をしてこない場合があります。相手もすぐに決心がつかない場合があるからです。しかし、予めOKサインを振っておけば、近いうちに告白をしてくるでしょう。