今話題のクッションファンデーションとは?使い方から選び方まで

人気のクッションファンデーション

最近では美容大国である韓国からあっと驚くようなメイク用品が多く生み出されていきます。その中でも今では日本でも徐々に浸透してきつつある次世代ファンデーションと呼ばれる、クッションファンデーションについて改めて記事にして紹介していきたいと思います。

クッションファンデーションとは?

簡単に説明するとリキッドファンデーションのパクトタイプになります。普通のファンデーションとは違い、スポンジにリキッドのファンデーションが染み込んであり、それを専用のパフにつけて肌に叩き込んで使うというものになっています。

つけた感じはリキッドファンデーションよりもみずみずしく、パウダーファンデーションとリキッドファンデーションの間くらいの軽さです。

このリキッドファンデーションの中に化粧下地・日焼け止め・コンシーラーなどさまざまな機能が含まれているので化粧水を顔に塗ったらすぐにメイクを始めることができます。またクッションファンデーションにはパフを使うため手が汚れないので、忙しい朝などにはとても便利です。

クッションファンデーションのメリット・デメリットは?

クッションファンデーションはベースメイクがこれ一つで済んだり、手が汚れないなどの時短効果があるだけではありません。

保湿力が高いので、お肌が乾燥せずこれ一つで今年トレンドのツヤ肌や透明感のあるお肌を手に入れることができます。

またカバー力もあり、シミやクマなど気になるところには重ね付けするだけときれいに隠すこともできます。デメリットとしては減りが早いこと、少し崩れやすいところですが、崩れてきても化粧直しが比較的楽なのでそこまで気にならないと思います。

どのメーカーがおすすめなの?

ここでオススメしたいのが韓国のブランドであるMisshaのクッションファンデーションです。

Misshaのクッションファンデーションには「モイスチャータイプ、マットタイプ、スターダストタイプ」の3つの質感があり自分の肌の好みに合わせて購入することができます。スターダストタイプはらめがはいっており、夏にぴったりです。また2色展開なのですが、21(明るい肌用)は割と白いので顔浮きしないように注意してください。

比較的カバー力があるためワンプッシュで半顔分を塗ると丁度いいかと思いますが、クマやシミなど肌トラブルがある方はこちらを重ね付けすることできちんとカバーすることもできます。またパフは割と薄めなのですが、質感がとても良いため肌当たりもよく、小鼻付近などの細かいところもきちんとカバー出来ます。

最近では日本でもクッションファンデーションを取り扱っているブランドは多く、プチプラブランドからも発売されていますが、どこのメーカーの値段を見ても2000円は超えるものが多い中、Misshaのクッションファンデーションはたったの1080円で購入することができます。

この値段で今話題のクッションファンデーションが手に入れることができ、今話題のツヤ肌を簡単に手に入れることができ、かつクッションファンデーションがあればベースメイクが手を汚さずにすぐに終わってしまうので本当にオススメです。

最近ではファンデーションだけでなく、チークやアイライナーまでもがクッションとして発売されつつあります。まずはお手頃価格のMisshaのクッションファンデーションをお試ししてもらい、クッション化粧品のよさについて理解していただきたいです。