レストラン選び!初デートで選ぶべきではないお店の種類は?



恋愛中に選ぶレストラン

もうすぐ、クリスマスに年末年始。大好きな彼氏とデートができるイベントが目白押しですね。

デートにつきものと言えば、レストラン選び。彼氏さんがお店を選ぶ場合もありますし、逆にあなたがコーディネートする場合もあるでしょう。しかし、もし、あなたと彼氏さんが付き合いはじめ。または、脈ありを通り越して、付き合う前提でデートをする場合、絶対に避けたい種類の飲食店もあります。

本日は、まだ彼氏と付き合い始めて間もない方、恋愛に発展する前提の方へ、選ばない方が良いレストランをご紹介したいと思います。

大衆過ぎる店 (例えば居酒屋)

もちろん、多くの方が初デートで大衆的なお店は選ぶわけない!と断言されます。とはいえ、お金がないから。予約で埋まっていたなどの理由でいきなり居酒屋を選んでしまう方は多いです。

ええ、実は筆者もそうでした。

居酒屋はデート代金を安上がりにできるし、予約なしでも入れます。しかし、初デートで愛を深めたい方は注意してほしい落とし穴となります。

まず第一に、騒がしい。加えて、あなたがデートをするタイミングは、世の中の多くの人がデートをしたいと考えるタイミングだったりします。土日、祝日、ハロウィン、クリスマス・・・。

居酒屋は出来るだけお客さんを詰め込みたい業態。従って、混んでいても、狭いスペースに詰め込もうとします。そうなると、相手の話しに集中できず、2人だけの空間を作りにくい、お料理のクオリティが下がる。ひどい時には、それでも入れずに、町を彷徨う結果になるでしょう。まるで、テーマパークの順番待ちに1時間待たされる気分。

結果的に2人の思い出が悪いものになってしまいます。初デートの印象は、女性側だけでなく、男性側にも強く残るものです。だからこそ、恋愛は初めが肝心というスタンスで、大衆的な居酒屋は選ぶべきではありません。

お酒の種類が少ない店 (例えばファミレスチェーンなど)

ファミレスでも高級感を謳ったところは多くあります。具体的なお店の名前は書きませんが、ちょっとオシャレなファミレスならデート向きな気がしなくもない・・・ですよね。

しかし、避けた方が良い理由があります。それは、お酒の種類が少ないことです。

ファミレスは、子供連れからビジネスマンなど、様々なお客様が利用することを目的にしています。そのため、誰でも喜ぶメニューを用意する必要があります。

一方、男性は初デートともなると、お相手の女性に見栄やスマートさを見せたい気持ちが強い生き物です。相手の性格にもよりますが、大なり小なり、ウンチクや「自分だけが知っていること」を会話のネタにしたがります。もちろん、話しの切っ掛けを掴み、徐々に距離を縮めたいと思っているかもしれません。

そんな時に、お酒選びは、男性のネタの切っ掛けになります。どんなワインを選ぶか、珍しいお酒についてのウンチク、お酒の席での失敗談などなど、お酒一つをとっても色々な話題を作ることができるでしょう。

これは、男性の話しの切っ掛けだけでなく、あなたの方が詳しいかもしれません。お互いの話しのネタを一つでも多く用意した方が、よくありませんか?

恋愛の初期にお酒が少ないお店をチョイスしてはいけない理由です。

カウンター系のお店 (回転しないお寿司など)

bsYUUSEI75_uwakigenba15220126相手の顔が見えないカウンター向かいの食事は避けた方がよいでしょう。筆者も以前は、初デートで緊張しているのに、向かい合わせで食事をするのは無理!!と、カウンターで食べるビストロなどをチョイスしていましたが、恋愛経験を重ねるにつれて、相手の顔が見えないお店の方が難易度が高いことが分かりました。

理由は単純。相手の気持ちが読み取れないから。つまらないのか、楽しんでいるのか、早く次のお店に行きたいのか?

まだ、仲が深まっていない相手の気持ちを、会話だけで読み取ることは、大変ですよ。本当に。

もし、対面が苦手ということであれば、先に料理を多めに注文しておくのも一つです。料理がたくさんテーブルに並ぶことで、視線のやり場を料理に向けることが出来ますし、出された料理を会話の種にすることだってできるからです。

ちなみに、これから告白される。または、自分から告白する!なんて方は、バーなどカウンターがあるお店でもOKです。もちろん、これにも理由があります。それは、お互いが緊張するから。

大切な話をする時に、適度な緊張は良い効果を生むこともあります。逆にダラダラした告白なんて嫌じゃありませんか?

上手に使い分けることが大切なんですね。さて、あなたは、どんなお店を選びますか?


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ページ上部へ戻る