モテる浴衣の色と柄の選び方



(執筆:@koipit専属ライター・野本さん)

梅雨の季節が明けるといよいよ夏がやってきますね。
夏といえば花火大会や海水浴など、普段着る外行きの服と一風変わった服装になることが増えてきますよね。
そこで女性の皆さんに、モテる浴衣の色や柄の紹介をしてみたいと思います。

皆さん浴衣といったらまず、自分が着てみたい浴衣を想像しますよね?
ですが購入する前に一度考え直してみてください。
女性が着てみたい浴衣と、男性が女性に着て欲しいと思っている浴衣はまるで正反対というくらいに違うのです。
ですのでここで他の女性と差をつけるべく、ベストコーディネイトの浴衣を一緒に考えていきましょう。

実は男性が好きな色は紺地や白地、うすい紫時


女性の皆さんが着てみたい浴衣といえば、例えば大きな柄のついたものやレトロ柄のもの、ピンク地のものなど、色は可愛らしいピンクや白地のものが多く、柄は大きな柄やレトロ柄のものが多く好まれますよね。
もちろんピンクや白はとても女性らしくもあり、女性視点で見ても着てみたい色のベストですよね。
柄にしても、最近はレトロ柄が流行ってきていますし、小さな柄より大きな柄の方が帯とも合っているように感じ、とても可愛らしい組み合わせに思えます。

浴衣は紺系がいい

浴衣は紺系がいい

ですが残念な事に、男性が女性に着て欲しいと思う浴衣というのは全くの逆で、紺地や白地、うすい桔梗色などの風流を感じさせる涼やかな色合いに、柄は落ち着いた柄のものと女性が着てみたいと感じているものとは違うものなのです。
女性としては、浴衣に自分らしさや個性を出そうとしてしまったり、そうしたいと夢見てしまうものですが、男性は浴衣は個性は控えめで奥ゆかしいものであって欲しいと願っているのです。
ですから、異性からのモテを意識するのならば、自分が着たい浴衣ではなく男性が女性に着て欲しい浴衣を購入するのがいいでしょう。

派手な柄は男性には不人気


紺地は紺地でもバラや蝶々などの派手な柄は男性には不人気です。
地が暗いものなだけに、柄が鮮やかだとコントラストが強すぎるのかもしれませんね。
そして帯ですが、どこかしっとりとした和風美人を目指すのならば、落ち着いた色、例えば黄色や同系色の青系や黒の帯をしめるとスタイルが良く見えます。
逆に女性に人気のありそうな赤やピンクの帯は可愛らしい印象になってしまうのでこういった浴衣には合わないのではないかと思います。
こういった組み合わせは、年齢層関係なく大人っぽい印象を受けますから、男性への幅広いウケには外れはないでしょう。

白地の場合、柄がシンプルすぎるものを選ぶとただの地味な人になってしまうので、ある程度はっきりした柄を選んだほうがいいかと思います。
更に柄が単色ですと、落ち着いた雰囲気を残したままでいられるのでお勧めです。
帯も白や黒だと落ち着きすぎてしまうので、えんじ色や辛子色を選ぶといいですよ。
白地にいたっては、柄入りも落ち着いた雰囲気のまま可愛らしくコーディネイト出来るので良いですよね。
そして可愛い雰囲気が好きな男性に喜んでもらうなら、髪型を可愛い感じにして小物で明るい色を出せば大丈夫です。

上手なウナジの見せ方で浴衣を際立たせる


ヘアスタイルはやや下気味に纏めるようにすると女らしさが強調されスキもできるのでモテに最適です。
浴衣は洋服よりも首辺りが綺麗に見えることもあり、うなじを見せるチャンスですから、肩より長い髪の方はアップスタイル、ミディアムくらいの髪の方はハーフアップ、ショートヘアの方はサイドを耳にかけるなどして、耳辺りからうなじに向かってのラインを強調したアシンメトリーなヘアスタイルがいいでしょう。

好きな人と両思いになりたい人、もっと彼や旦那さんに愛されたい人は、自分が着たいものよりもモテを優先してコーディネートしてみましょう。
ですが、一番素敵なコーディネートはあなたの笑顔。
自分が着たくない浴衣を無理に選ぶ事は必要ありません。
自分が着たい候補の範疇で、あなたも彼も笑顔になれるコーディネートをしてみてはいかがでしょうか?


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ページ上部へ戻る