料理・お弁当で彼氏を振り向かせるテクニック



昔からよく言われることですが、大好きな彼の心をつかむには、手料理を振舞うのが効果的です。美味しい手料理で、彼氏の心も胃袋も、がっちりつかみましょう。

 

男性が喜ぶのは普段食べる料理を彼女が作った時


とはいっても、料理に慣れていないと、何を作ればいいのか分からない、という人も多いですよね。
彼氏が喜ぶ定番メニューといえば、カレーライス、オムライス、肉じゃが、ハンバーグなどです。凝った料理よりも、普段食べるメニューを彼女が自然に作ってくれる、というのが好印象のようです。

もし彼の部屋で手際よく料理をする自信が無い場合は、あらかじめ、途中まで下ごしらえしたものを持参する方法もあります。
カレーライスや肉じゃがの場合は野菜は切った状態にして持っていく。そうすれば、後は炒めて煮込むだけです。もし味付けにも不安があるのなら、調味料を合わせたものを準備しておく事も出来ます。ハンバーグもひき肉をこねてタネを準備しておけば、あとは焼くだけです。
手料理を振舞う場合は、出来上がった料理そのものだけではなく、準備している手際もチェックされている可能性があります。慣れないうちはムリをせず、簡単なものにしたり、ある程度下ごしらえをしておくなどの工夫をしましょう。

 

メイン料理が苦手ならおかづを作るというテク


また、私がおすすめしたいのは、彼氏に手料理を振舞う際は、出来ればメイン料理だけではなく、副菜も2,3品一緒に作る、という事です。

凝った料理が一つだけの食卓よりも、いくつか料理が並んでいる食卓の方が、男性は喜びます。
一人暮らしだとどうしても料理は一品物になりがちなので、副菜もそろった食卓を見れば、きっと「彼女がいてよかったな」と思う事でしょう。
副菜を作る、とういと、手間がかかって大変そうですが、簡単に出来る副菜は沢山あります。

例えば、ジャガイモをゆでてきゅうりとマヨネーズで和えればポテトサラダになります。お好みでハムなどを入れてもいいでしょう。きゅうりとわかめを酢・醤油・砂糖で和えればさっぱりとした酢の物にもなります。しめじやえのき、エリンギといったキノコ類をバターで炒めても美味しいですし、冷奴の上になめたけを乗せるだけでも、立派な一品になります。

副菜をいくつか覚えておくと、メニューがぐっと華やいだものになります。
また、余裕があれば簡単なデザートを用意しておくのも喜ばれます。

ある男性が、彼女が夕食後のデザートに牛乳かんを作ってくれていたのがすごく嬉しかった、と話してくれたことがあります。牛乳かんは、牛乳にお砂糖と寒天を入れて冷やして固めただけの簡単なデザートです。それでもその男性は、食後に冷蔵庫からデザートが出てきた時はびっくりして、とても嬉しく、彼女の事がとても愛おしく思えた、と言います。ちょっと大袈裟な気もしますが、簡単な一品でここまで喜んでくれるのなら作らない手はありません。
寒天を使ったデザートは簡単でアレンジもしやすいので、甘いもの好きの彼にはぜひ試してみてください。

 

忙しいあなたにはお弁当で彼女ランクアップ


なかなか手料理を振舞う機会が無い・・・という方には、お弁当をおすすめします。
デートに手作りのお弁当を持って彼女が現れたら、喜ばない男性はいません。
お弁当なら自分のペースで作れますし、最悪失敗したら持って行かなければいいので、チャレンジしやすいと思います。
お弁当を作る場合は、出来れば冷凍食品の使用は最低限にし、なるべく手作りで。そちらの方が断然喜ばれます。
食事は人生の基本。食卓を楽しく囲める相手とは長く付き合えるものです。
美味しい手料理を作って一緒に楽しく食事をすれば、きっと彼の心はぐっとあなたに引き寄せられます。
まずは簡単なものからでも、ぜひチャレンジしてくださいね。


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る