釣った魚にエサをやらない彼氏になりやすい血液型はどれ?

構ってくれない

付き合うまでは恋愛に熱心だったのに、付き合いだしてからはどういう訳かワタシをほっぽりっ放し。つまり、釣った魚にエサをあげない彼氏になってしまった・・・。そんなの悲しすぎますよね。

ところで、血液型により違いはあるのでしょうか?絶対とは言わないですが、筆者の見立てによると、やはり傾向はあるようです。そこで、本日は、釣った魚にエサを与えない彼氏になりやすい血液型をご紹介したいと思います。

1位はB型

初めに答えからお話ししてしまいます。B型がもっとも釣った魚にエサを与えない彼氏になりやすいと思われる血液型です。えぇ?やっぱり、恋愛をしてはいけない血液型なの?

いえいえ、そうではなく、B型の場合は、エサを与えないというより、自分が毎日楽しければ、相手も楽しいだろう。自分の趣味は相手も楽しいに違いない。と、主観的に考えてしまうクセがあるからです。これでも、本人は頑張っているつもりで、良い意味では自然体といえるかもしれませんね。

ちなみに、B型は家族愛など同族意識はピカイチに強い血液型なので、一旦、結婚してしまえば浮気などはせず、奥さん一筋になるケースも多くありますので、その点は安心です。

2位はAB型

AB型は、クールな人が多く、何を考えているのか分からないと言われることも多い血液型です。実際は、胸の内に熱い思いを持っている人が多く、蓋を開いて見れば激しい性格の人がほとんどなのですが、なかなか普段の生活の中では現れません。

その表面上クールな性格が釣った魚にエサを上げないという印象を与えてしまうことになるのでしょう。

ちなみに、破局の原因も、外見はクールだが、実は激しい性格によるギャップから生じることが多く、付き合う前にしっかり相手の性格を見極めた方が良いかもしれません。

3位はO型

O型は恋愛に対して情熱的な人が多く、デートプランも毎度、工夫を凝らして、あなたを楽しませてくれるでしょう。

しかし、自分の趣味と恋愛を天秤にかける人が多く、例えば、自分が大好きなライブとデートの日が重なった場合は、ライブを優先してしまうなど、ちょっとねーと思われても仕方がない行動をすることも。

しかし、ちゃっかり、後から穴埋めはしてくれるので、あまり釣った魚にエサをやらないという印象は持たれません。ちょっぴり、ズルい性格なのです。

4位はA型

A型は、比較的、長くじっくり恋愛ができる血液型でおススメできる彼氏になれるでしょう。しかし、デートなどでは、どうしてもワンパターン化してしまう人が多く、確かに釣った魚にはエサをくれるのですが、物足りないと感じる女子が少なからずいると思います。

また、情熱的な恋愛より、まったりした息の長い恋愛ができるので、バランスが良い点は高評価。スリリングな恋愛は期待できないけど、しっかり構ってはくれるので、刺激より現実的な恋愛を目指す人にはお勧めしたい血液型です。