男性をホレさせるLINEとメールの上手な使い方3つ

合コン・婚活をされている20代30代の女性達。
今やLINEでのやり取りが主流となってきましたが基本のメール術を抑えておけば、いざという時困りません。
面と向かっては言えないことも、文章なら伝えやすいからです。

行き過ぎてしまうと「痛い女」と取られてしまう・・・
遠慮しすぎると恋愛に発展がみられない・・・

メールで表現する境界線を知っておくと便利です。
最低限の礼儀・常識は当たり前のことですが男性なら誰しももらって嬉しいメールが存在します。
OK・NGポイントをおさえながら確認してみましょう。

タイトルは一言でも表示

何度もやり取りを繰り返している仲になれば「気にしない」という男性が多いのですが、タイトルが「Re:Re・・・」と表示されているのを見て「めんどうくさいのかな?」と感じる男性は多いようです。

こちらが要件を提示する際には、タイトルには何かしら文字を入れましょう。
それに対してのやり取りは返信で繰り返してOKです。
ちょっとしたひと手間がモテ女への第一歩です。
その点、LINEはこの手間がない分気楽ですね。

長文・短文は要注意

女性は男性に比べて長文になりがちだそうです。
あれもこれも伝えたいとう場合は、電話で伝えるのが無難です。
詰め込み過ぎた文章は、相手を追い詰めてしまいます。
逆に、短文を改行替わりのように何度も送るタイプの女性も要注意。
特にLINEは、チャットという感覚で短文を繰り返す方が多いようです。
社会人ともなると、日中じっと画面を見て対応できる時間はそうありません。
「なかなか用件に行きつかない連絡はイライラする」
そう答える男性が大多数なのです。

絵文字・顔文字の量

カラフルで賑やかなメールは見ていて楽しい!
そう感じるのは女性だけのようです。
男性から好感度の高い絵文字量は、1つのメールに2つまで。
文章の半分以上が絵文字で埋め尽くされていると
やたらとメール・LINE慣れしている印象を持たれてしまいます。
何事も控え目がモテ度UPの秘訣です。