B型男子との上手な付き合い方!自由奔放・楽天主義ではない理由



B型の彼氏との恋愛テクニック

血液型は関係ない!と言っても、やっぱり血液型で性格も違う気がしませんか?
でも、国ごとに人の性格や好みも違うように、血液型だって様々な人の流れや歴史で分かられてきたものなのだから、絶対に血液型ごとに性格が違うに違いない!

本日は、特に扱いにくいと言われるB型の男性との付き合い方について取り上げていきたいと思います。自由奔放、自分勝手、マイペースなどネガティブイメージが強いB型男子。でも、実際の性格はどうなの?どうやったらB型の男と上手く付き合える?というお悩みにお答えします。

意外とナイーブでよく人を見ているが自己表現が下手


B型の男子を象徴する言葉はまさにマイペース。一般的にはそういわれるかもしれませんが、意外と繊細でナイーブな性格なのがB型男子の特徴。マイペースとは似ても似つかないくらい、よく他の人の考えていることや場の空気を読んでいます。
でも、一生懸命に人のことを観察している割にはそれを行動で示すことが苦手。それで、自己表現がうまくいかずに悩んでしまっているB型男子も多いのだとか。

元々、B型の血液型は遊牧民に多く、ユーラシア大陸の民族にB型は多くいます。歴史も比較的古く紀元前1万年頃~1万5千年頃と、まだ原始人がマンモスを追っていた頃から存在する血液型なんです。(とは言ってもどの血液型もそうか。。)

それ故、大平原の中で一期一会的な人間関係の中で育ってきたB型は心を読むのが上手い。だって、初めて会う人が何を考えているかってそれなりに才能がなければ読めないものですよね?もしかしたら相手が敵かもしれないし、自分の味方になってくれる人かもしれません。それを表情や雰囲気から全部読み取れるようにインプットされてきたのがB型です。

だから、あなたの悩みや考えていることも案外、読み取っているかもしれません。
でも、残念ながらそれをストレートに伝えることは苦手。無視してしまうこともしばしば。それは、一つの枠にとらわれずにあらゆる可能性が頭に浮かぶ部分があって、結局、分かっていても余計なことを考えてしまうあまり気持ちが伝えられなくなってしまうのです。

また裏を返せば、考えすぎるキライがあるために、ナイーブになってしまう人も多く、ちょっとした言葉で傷ついてしまったり、悩んでしまったりする人が多いので注意が必要です。結構、女々しい!と言われてしまう男子もA型男子よりB型男子の方が多いんです。

上手な付き合い方とは?


B型男子は、意外と繊細でナイーブで傷つきやすくて考えすぎると書きましたが、これを逆手に捉えれば、上手なB型との付き合い方が見えてきます。普段は繊細すぎて疲れてしまうので一人にして欲しく、でも優しい言葉で癒してほしい。要するに甘えたい人種なんです。だから彼女であるあなたには『大人の女性』として、ゆったり付き合ってあげることが上手くいく秘訣です。

寂しがり屋の女子には辛いかもしれませんが、B型の彼氏と付き合った場合、彼が映画に集中していたり、何か趣味に夢中になっている場合は、そっとしておいてあげましょう。B型のオトコにとって、一人になる時間は大切な時間。悩みや疲れた心を癒して充電する時間だったりするんです。だから、ワタシのことを構って!なんていう構ってチャン女子とは馬が合いません。

温かい目線で母親になった気分で彼に接してあげましょう。そのうちに充電完了したら、必ずあなたの元に戻ってきます。
なぜならば甘え体質だから。そして、今度はあなたの機嫌を取ろうとしたり、急に多弁になったりします。
これが本来の元気な彼なんです。普段は一人にして欲しいのに、充電完了したら元気になっちゃう。これが自由奔放や自分勝手と言われる原因かもしれませんね。

ちなみに、巷で噂されるほど浮気性ではないのもB型。傍目には人間関係を大切にしていないようでも、一度、告白して恋愛関係になったり、結婚して家族になったりすると、普通以上にその関係を大切にしようとします。
だって、大草原で暮らしていた太古の時代、一度離れてしまった肉親と再会することは非常に困難なことだったから。

少し扱いにくく感じるかもしれませんが、態度では分からなくても誰よりもあなたのことを想ってくれる存在になるはずです。


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • みーよん
    • 2014年 7月 27日

    うーん、それでも私は苦手かな

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ページ上部へ戻る