美肌の作り方!正しい肌作りとやってはダメなケアとは?

今、流行の兆しを見せるメイクは、ごくシンプルなメイクです。アイメイクやリップ、チークなど一カ所に濃い色彩を用いてメイクアップするではなく、素肌に近い感じにするのがマスト。

素肌感を感じられるメイクにするためには、やはりスキンケアが重要となります。スキンケアをしっかりと施しておけば、沢山のベースやコンシーラーにファンデーションを重ねる必要も無くなるので、この流行を機会に自分のスキンケアを見直すのも良い機会となるのではないでしょうか。

美肌作りは洗顔から

125423肌作りに欠かせないのは、何と言っても洗顔からです。汚れが残ったままでは、何の意味もありません。ですからきちんと洗顔をしておかないと、どんなに高い化粧水や美容液クリームを塗っても、全く効果が現れず勿体ないのです。

こうした宝の持ち腐れとならない為にも、きちんと洗顔やピーリングで化粧水や美容液の成分を肌に与えて上げる基盤を作る事がとても大切です。

そして洗顔に次いで重要なのは、肌に与えた潤いを逃さない事です。きれいに整えた肌に、しつかりと水分を与えても、肌に蓋をする役割まで施さなければ全く意味がありません。蓋をしてしっかりと水分を閉じ込めておかないと、水分が蒸発してしまいます。

べたつき防止の乳液・クリームは逆効果

よく、顔がベタベタするのが嫌だからクリームや乳液は付けたくないと言う人が居ますが、それは逆効果です。
水分を閉じ込めてあげないからこそ、肌は乾燥を招いてしまうのです。すると肌の内部から肌表面を潤そうという働きが起きてしまうのです。

そして過剰な脂分が出てきてしまい、肌荒れなどの肌のトラブルを招く原因となってしまいます。

素肌づくりのための紫外線対策とは?

美肌作りに大敵な紫外線からも、きちんと肌を守る必要があります。紫外線はご存知の通り、シミやシワを作り出す原因となります。

紫外線などを浴び続けると、肌を守ろうとする働きが起きてシミとなって現れてしまうことがあります。こらを回避するのには、やはり肌の生まれ変わりが重要となってきます。

肌の生まれ変わりは、年齢と共に遅くなって行きます。肌が生まれ変わる事を促進させると、万が一出来てしまったシミなども次々と肌の表面に押し出されて薄くなっていきます。

082244また子供にはシミが見られないのは、水分保持力と肌の生まれ変わりが盛んに行われているのが理由なのです。若い頃の肌の状態に近づく事が出来る事が、美肌作りには必須条件と言えるでしょう。

そしてシンプルなメイクをする際には、リップはピンクベージュ位の薄めの色を選びましょう。出来ればリップバーム位で済ませるのがベストです。

またアイメイクは、なるべくマットな色合いのナチュラルブラウン系のアイシャドウがお勧めです。アイラインは、引くのであればまつげの際に自然に入れるのが効果的です。

一件すると、今日はメイクをしてないのかと思わせる位のナチュラルでシンプルなメイクが、今年は流行する兆しなのです。案外こうしたメイクの方が好みという人も周囲には多いでしょう。

がっつりとしたメイクは少しお休みして、素肌作りからしっかりと行ってみましょう。思い切ってチャレンジしてみると、新たな自分を発見出来るのではないでしょうか。メイクの仕方1つで、驚く位に変われるものです。