若い肌を目指す!アンチエイジング法とシワ・シミ・たるみの解消法



女性の老化の原因と美肌を目指す!

女性はいつまでも若くありたいと願っているものです。老化はいろいろな面で現れると思われますが、それぞれに適切に対処して入れば、老化をさまたげること、アンチエイジングはある程度可能なものです。

肌の年齢も同様で、肌の老化の具体的な内容を知って、それぞれに適切なケアすると誰でも肌のアンチエイジングをすることができます。肌の老化に悩んでいる方は、是非参考にして肌のケアに取り組んでみてください。

肌の老化の大きな内容としては3つを見ていきます。それは、「紫外線」「乾燥」「肌の厚さ」という3つです。

紫外線はシミと肌のハリを破壊

まず紫外線ですが、紫外線にはメラニン色素の産生を促進する作用があります。メラニン色素が多くなるとシミの原因になったり、肌のはりを保つコラーゲンを破壊してしわの原因となったりします。肌のアンチエイジングの大いなる敵という訳です。

紫外線が肌にあたることを妨げること、紫外線対策が肌のアンチエイジングの最初の課題となります。そのためには、帽子を帽子をかぶったり、手や足のはだを日中の強い日差しにあたらないよう衣服や行動で防ぐ必要もありますが、日焼け止めクリームを使うことをお勧めします。

日焼け止めクリームには紫外線によって肌が赤くなるまでの時間、肌が黒くなるまでの時間が記載されており、どこかに必ずSPF○○、PA○○と書かれています。SPFは紫外線を浴びた際に皮膚に赤い斑点ができるまでになるまでの時間を何倍に長くすることができるかを表したものです。

SPFが30以上の製品を選ぶのがよいようです。PAとは皮膚が黒くなる原因を防ぐ働きのことで、PAの防御機能は3段階に分けれれています。PF+(PF2以上4未満)は防御効果が期待できる、PF++(4以上8未満)は防御効果がかなりある、PF+++は非常に効果があるというそれぞれの段階です。

乾燥肌はシワやたるみの原因に


二つ目の肌の乾燥についてはいかに肌に潤いをもたらすかが重要になってきます。女性の肌は20歳ぐらいをピークに皮膚にある天然保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸は減少していき、乾燥肌と言われる状態になっていきます。乾燥はしわやたるみ、ハリの減少につながります。

それではどうしたらよいのでしょうか。セラミドやヒアルロン酸といった保湿成分が多く入った化粧水を使用して、失われた水分や皮脂を補うことが求められます。その際には日質成分入りの化粧水で皮膚にたくさん水分の補った後そのままにしておくと、その水分は蒸発してしまいます。そうならないためにはクリームを塗ることによって皮膚表面に膜をはるとよいでしょう。保湿の後も防御が大切です。

そして肌が厚くなる。その解決方法とは?

さて、薄くなった肌をもとに戻すこともしたいところです。年齢とともに肌にハリと柔らかさを与えていたコラーゲンが減少し、新しい皮膚を作りだす機能も低下していきます。ハリがある、ふっくらとしたやわらかい肌が失われていくのです。そのことを補うためにですが、一つはビタミンCを摂取することです。ビタミンCには、コラーゲンを作る作用があり、肌にハリをよみがえらせ、しわ対策に効果的なのです。またビタミンAには、皮膚細胞の分裂を早めて新しい皮膚の再生を促す効果があり、薄くなった皮膚ひ厚みをもたらします。イソフラボンは大豆に多く含まれている成分ですが、女性ホルモンに良く似た作用を持っています。

つまり、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を活発にし、皮膚の潤いとハリをよみがえらせることができると言われています。こうした成分を多く含まれている食品を多く食べるように心がけると肌のアンチエイジングにつながります。

以上3つほどの肌のアンチエイジングケアを上げてみました。そのほか、顔の表面の筋肉、表情筋と言われる筋肉を鍛えることによって、ほうれい線やほのたるみを改善させることもできます。是非とも実践してみて、女子力UP、そして美しさを維持してみてください。


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ページ上部へ戻る