連休・休日に女子が一人でいける東京近郊4カ所

さて、ゴールデンウィークが近づいてきました。家族や友達と旅行やレビューを計画している人も多いのではないでしょうか?

その中で、一人で過ごさなければいけない女子のみなさんも多いはず。寂しいけど行くところがないんです。
どこかいい場所はないですか?

そんなみなさんの声にお応えして、都内を中心に女性が一人でもいけるオススメなスポットを一覧でご紹介します。

代官山蔦屋書店 (東急東横線 代官山駅下車)

営業時間/1F:朝7時~深夜2時、2F:朝9時~深夜2時
利用可能なサービス/Wi-fi、T-Point、ペット用ゲージなど

Tutaya

この図書館のような佇まいに静かな時間を過ごすことができます。
和書や洋書はもちろんのこと、ビンテージな本もたっぷり取り揃えています。
しかも本だけではなく、映画もたくさんピックアップ。マイナーな映画は、その場でDVDにしてくれるここだけのサービスも。

書店の2階にあるレストラン Library Lounge「Anjin」では本に囲まれた空間で優雅なひと時を過ごすことができます。

まさに書店のコンシェルジュのような空間に1日いても十分に楽しむことができます。

上野公園(JR/京成電鉄 上野駅下車)

DSC00042

お花見で有名な上野恩賜公園。
ここも立派に1日が過ごせるおススメスポットの一つです。
なんせ広い! お散歩だけでもかなり長い時間楽しめます。加えて、動物園、美術館がひしめき合うスポット。
カフェやレストランも園内に設置。これだけでも十分すぎるほど、手持無沙汰のあなたを癒してくれます。
お隣の不忍の池に行けば、広い池の中を優雅に鴨や野鳥があなたの心を穏やかにしてくれるでしょう。

東洋館 (東京メトロ/都営地下鉄 浅草駅下車)

公式ホームページ:http://www.asakusatoyokan.com/

昔は浅草フランス座と呼ばれていました。
あのビートたけしが駆け出しの時代に過ごした場所ですね。
もうフランス座という名前ではなくなりましたし、エロティックなイベントは行われておらず、現在は浅草芸人に代表される落語家や若手からベテラン芸人に至るまで、1日中20分~30分づつ出演する寄席形式になっています。
有名な芸能人も1日に数名出演してお値段はなんと2000円程度。これで1日中過ごすことができます。
お腹がすいたら東洋館となりのお弁当屋さん『デリカぱくぱく 浅草店』で激安弁当をゲット。
女性一人でも十分に楽しめる穴場です。

スパ・ヒーリングヴィラ印西 (北総鉄道 印西牧の原下車)

公式ホームページ:http://www.healingvilla.com/

印西ってどこだ?そう思った方も多いはず。
都営浅草線から印旛日本医大行電車に乗って1時間。千葉ニュータウンの一角をなす町です。
約10万人が住む大規模ニュータウンで東京で言えば、多摩ニュータウンのような位置づけです。
ただ、ここの違いは、東京から電車1本で行けることや、まだキジやタヌキが出る自然豊かな地域。それに松虫姫に代表されるような史跡がたくさんある東京では味わえないスポット。成田のちょっと手前と言えば分かりやすいでしょうか?
また、大規模なホームセンターやショッピングモール、ドンキホーテなども進出し、まさに町全体で1日中遊べる雰囲気。

で、本題。ヒーリングヴィラ印西ってなに?はい、ここは、アジアのイメージを全面的に打ち出したスパです。
料金も1500円程度とお得。大きなサウナルームで読書を楽しんだり、岩盤浴や様々な種類のサウナが楽しめます。
サウナに疲れたら、これまた種類豊富なお風呂で汗を流してもよし!基本的にお風呂は野外で、アジアンテイストな音楽が流れる中、静かでゆっくりした時間を過ごすことができます。
喫煙スペースも場内にあるので、タバコを吸いたい人もOK。アジアン料理レストランも併設。スパ着のまま食事だってできるんです。バイキングもやっていますので、朝から夜までここに居続ける人も多いですね。
マッサージも充実しているし、至れり尽くせりで都内のスパでは味わえない贅沢な時間を過ごしたい人にはお勧めです。

もちろん、早めにスパを出てしまっても、周辺に観覧車付きのショッピングモールなど遊べるスポット満載で、女性一人でも安心して暇をつぶせます。