失敗しない!30代女性の上手な転職法4つ



「いい会社があったら思い切って転職したい」「今ならまだ転職先があるかも」男性に比べて女性の転職はまだまだ難しいものです。

そして迎える30代。特に女性は転職に不利と言われていますが、さらに難しくなる年代です。

実際に30代の女性が転職するとなると、どのような問題点があるのでしょうか?

1.求人を探す際に

求人サイトやタウン誌などでの女性への求人件数は、決して少なくはありません。

しかしやはり問題となるのは年齢です。
「殆どが30才位まで」となっていると、30才以上の女性はショックが大きいですね。
ところでこの30才「位」までとは、未経験者を前提としていることが多くなります。
経験者で即戦力になるのなら、35才位までは可能性がありますので、簡単に諦めない様にしましょう。

2. 面接の際に

面接の際にやはり訊かれるのは「結婚したらどうしますか?」ということでしょう。
もしも既婚女性ならば「ご主人が転勤になったらどうしますか?」と言われるかも知れません。
採用側としてもアラサー女性に対してはかなり突っ込んだ質問をしてくるものです。
きちんと答えられる様に、自分の考えをまとめておきましょう。
付け焼刃でその場しのぎの返事をしても、すぐに見抜かれてしまいます。

3.退職をする際に

寿退社ではないのすが、大手を振って辞める訳にもいきません。
転職先が決まった、というのは女性の同僚よりも、男性社員や上司への自慢になります。
お別れ会をしてくれる間も転職先の会社について詳しく訊かれるでしょうが、あまり調子に乗って話し過ぎると反感を買うことになります。

4.出社当日

アラサー女性を採用する企業の殆どは、中小企業です。
バリバリの独身イケメンエリートがいる可能性は低いと思いましょう。
周囲はオジサンばかりで会話も盛り上がらないな・・と転職の現実を見ることになります。
むしろ新しい出会いは仕事以外で、そう諦めがつくきっかけにもなります。

新卒で入社した時には女性社員同士の結束が固く、いつも一緒に行動することが多かったでしょう。
意外と前の会社の方が女性同士の人間関係は良かったな・・などと、寂しく感じるものですよ。


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る