結婚記念日を思い出に残そう!みんなの祝い方7パターン

夫婦の祝い方

結婚記念日は、お互いの愛を確認する上で大切なイベント。年齢が上がるにつれて、徐々に祝わなくなってしまうカップルも数多くいますが、やはり、夫婦円満に添い遂げるためには、しっかりお祝いしたいものですね。

そこで、本日は、既婚のみなさんに結婚記念日の祝い方をアンケート。結婚記念日を思い出に残すためのみなさんの工夫をご紹介します。

やはり食事は王道

結婚記念日にレストランで食事をするご夫婦は多い様子です。アンケートに回答いただいた方の半分以上の方がご飯を食べに行くと回答しました。いつものおうちご飯もいいですが、外食するのも新鮮な気持ちになれてよいかもしれません。

東京ディズニーランドに行き、ランド内のホテルに1泊しました。ホテルのレストランでワインをいただきながら、2人で夕食を楽しみました。また食事の後は、ランドの前まで2人で散歩して、人気のないベンチに座って、夜の夜景を楽しみました。あまり普段はロマンチックではない人でしたので、大変感動しました。[30歳・結婚1年]

東京ディズニーランドはデートで使う人が多いように思いますが、結婚記念日の思い出作りにもぴったりですね。盛り上げてくれる演出は天下一品。

結婚10周年の記念日の日に、結婚式を挙げたホテルでディナーを食べました。 気が利かない旦那さんが自ら予約してくれていたのがうれしかったです。[42歳・結婚15年]

結婚式を挙げたホテルでディナーとはロマンチックですね。若かりし頃の自分たちに戻ったような気分にさせられます。

私の印象に残っている結婚記念日の思い出は、横浜大さん橋の先端にあるオーシャンビューレストランのサブゼロでお祝いしたことです。[34歳・結婚3年]

お店のホームページには「スタイリッシュかつムーディーなオーシャンビューレストラン」と書いてあります。写真を見る限り、横浜の夜景が美しく、結婚記念日の食事にはぴったりそうですよ。

ちょっとした工夫で演出

お金をかけなくても、少し工夫をするだけで結婚記念日も思い出深いものになります。結婚生活は恋愛とは違いますが、工夫次第で、また、お互いにホレてしまった。なんて、話も聞きます。

結婚した日に新居のリビングで写真を撮りました。それ以来、結婚記念日には毎回同じ場所で写真を撮っています。[36歳・結婚8年]

子供の頃は、家の柱に身長を刻むなんてことをしていましたが、毎年、リビングで写真を撮るのも面白いですね。少しづつ年を重ねる自分たちを記録するのもいいものです。

釣りが好きな旦那さんなので、結婚記念日に40センチの真鯛を釣り上げてくれました。[38歳・結婚4年]

旦那さんの趣味も入っている気がしますが、一緒に旦那が釣り上げた魚を食べながら、武勇伝を聞くのも奥様の幸せなのかもしれません。

結婚記念日の祝い方は、一緒に旦那と真紅の薔薇の花弁を浮かべたお風呂で甘い時間を過ごすのが私達なりの最高の思い出と祝い方です。[25歳・5年]

お金をかけなくても、お風呂を華やかにして、一緒に入るだけでも、特別な夜を演出することができるのですね。

子供を実家に預けて、1日中学生のようなデート。 大阪で買い物をして、夜は居酒屋で飲み、その後カラオケ。 その日はビジネスホテルに宿泊。 [40歳・結婚8年目]

ロマンスだけが、結婚記念日ではありません。本人たちがもっとも楽しい方法で祝うのも思い出深いのではないでしょうか?

いかがでしたか?みなさん様々な結婚記念日のお祝いの仕方をしているようです。あなたも、ちょっとした工夫で忘れられない1日を手に入れてみませんか?