マジメなのに!友達から遊んでいると思われる女性の特徴4つ

遊んでいる女

自分はマジメなはずなのに、男をとっかえひっかえ遊んでいるイメージを持たれる・・・。そんな自己ブランディングで悩んでいる方、いらっしゃいませんか?もしかしてあなたも。

一度、遊んでいるイメージを持たれてしまうと噂が噂を呼んでしまい、中々払拭できないもの。

そこで、本日は、周りから遊んでいると思われてしまう行動や特徴をご紹介したいと思います。

言葉づかいが荒い

最近は、ら抜き言葉や、さ入れ言葉が日常的に使われるようになりました。もちろん、正しい日本語を話すにこしたことはないのですが、あまりに間違った言葉づかいをしすぎると遊んでいるイメージを持たれてしまいます。

「~じゃん?」「ちょー」

など、高校生ならまだしも社会人になって多用している方はご用心。年齢相応の話し方というものがあります。

逆に、ら抜き言葉やさ入れ言葉など、いわゆる乱れた日本語を意識的に使わず、正しい日本語を話せる人は知的なイメージを持たれやすい傾向にあります。

恋愛相談が上手すぎ

ときには友達の恋愛の相談に乗ってあげることもあるでしょう。しかし、あまりに恋愛相談の回答が上手すぎたり、「こんな時はこうしたら良い」など、例を示して具体的に話せる人は、それだけ過去に多くの恋愛を経験している人と思われてしまいます。

相談に乗るときは、恋愛の先輩のスタンスではなく、一緒に考えてあげているという立場で話した方が遊んでいると思われずにすむことができます。

露出が多い

これは特に男友達から遊んでいると誤解されてしまう女性の特徴ですが、露出が激しい服を頻繁に着ている人です。

露出が激しいとナンパされるために肌が見え見えの服を着ているんだろうと、ほぼ100%誤解されます。また、夏は多くの人が露出度の高い服を着ますが、その中でもキラキラ系の服を着たり、ホットパンツなど、男が好みそうな服装を頻繁に着ている人は注意が必要です。

遊び場所をよく知っている

今日どこで遊ぶ?という話題になった時にすぐに遊び場所が思いつきすぎる人も、あ~結構遊んでいるんだな~と思われる人の特徴です。

特に東京なら渋谷、大阪なら難波など、繁華街の遊び場所をすぐに思いつく人は、昼間の遊びだけでなく、夜遊びも慣れていると思われてしまうでしょう。

できれば、遊び場所、お店探しはパッと思いつくのではなく、さりげなくスマホで検索した体で提案すると誤解を避けることができます。

いかがでしたか?本当は遊んでいないのに遊んでいると誤解されるのは悔しいですよね。また、誤解されると男が近づかず恋愛も遠のいてしまいます。くれぐれも注意したいものです。