紅茶を美味しく飲む条件は温度管理から



コーヒーはカフェインが強すぎて苦手、だから私は紅茶派!そんな方もいるでしょう。しかし、紅茶って結構、奥の深い飲み物だったりします。ちゃんとした知識で淹れた紅茶の味は、それは格別。

一度、ぜひ、紅茶の正しい淹れ方を理解して美味しく飲みたいものです。

紅茶は温度が下がるときに雑味が出る

本当に美味しい紅茶は、雑味が少なく、豊かな香りが楽しめるものです。雑味が少なく、香りも高い。多くの人はそんな紅茶を手に入れるために、紅茶選びから入るものですが、大切なことは紅茶選びよりも、温度管理であることはご存知ですか?

紅茶に雑味が生じるのは、実は温度が下がってくるタイミング。淹れたての紅茶はそれほど雑味がなくても、温度が下がり始めるタイミングで徐々に渋みや雑味が染み出してきます。

雑味や渋みを出さない方法は、紅茶を淹れる前のティカップを暖めておくということ。こうすることで、紅茶の温度が下がるのを防ぐことができます。

ツウの中には手袋のような布、ティーゴゼをポットに被せて保温する人もいるのです。温度管理は丁寧にしましょう。

ティバックは押さえつけない

貧乏性なのでしょうか?濃い味を出そうとしているのか?紅茶を淹れる際にティポットの中でティバックをスプーンで押さえつけてしまう人がいます。しかし、この方法は、濃い味になるというよりは、雑味や渋みまで茶葉から絞り出してしまうことを意味します。

絶対にティバックは押さえつけないようにしましょう。

ティバックではなく、茶葉を使用して紅茶を淹れるという人は、茶葉をスプーンを使ってカップの中でかきまわさないようにすることも大切です。

いかがでしたか?紅茶の入れ方一つでも、美味しさって変わるものです。


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ページ上部へ戻る