オッサンだけじゃない!女性も30代で増加する加齢臭の撃退法



先日、こんなネットニュースを発見しました。東京ビックサイトで開かれるいわゆるコミケで男性ばかりが乗ったりんかい線の車内の加齢臭が酷いというものです。実は、筆者もりんかい線はよく乗るのですが、「んなバカな」という感じですね。そこまでひどいという訳ではありません。

しかし、通勤電車の車内は中年男性の加齢臭が漂っているのも事実。嫌だなーと感じる女性も多いはず。しかし、加齢臭は中年男性の専売特許ではないのですよ。実は、女性も30代中盤を超えると、あの嫌なすえたニオイがし始めるのです。

そこで、本日は、いやーな加齢臭の改善法についてご紹介したいと思います。

食べ物で改善するのが最も早い

美BEAUTE『35歳から加齢臭?女性のニオイはこうして解決!』によると、加齢臭の原因となる成分ノネナールについて「ノネナールは男女問わず、40歳を過ぎた頃から年齢に比例して増加し、60代で急増する成分。」と定義しています。

つまり、どんな美魔女の女性を目指そうとも逃げられない嫌な臭いという訳です。無くせないのなら、緩和することはできるんじゃ?そうです、軽減することはできるはず!ということで、調べてみました。

ノネナールは、毛穴から分泌される皮脂が分解され酸化することにより発生する物質です。ですから、皮脂の分泌を抑えることが特効薬となります。

基本中の基本は、肉類や油の多い食品は極力抑え、肉類はできれば赤み、そして野菜を増やして毛穴から油や皮脂の多い汗が分泌されることを抑えることが先決です。

特に抗酸化作用の強いアボカドやトマト、ニンジンやゴボウなどの根菜を増やしてみましょう。もちろん、ビタミンCやEなどを含むフルーツも良いですね。ダイエットにも効果的ですし、これらの野菜やフルーツをバランスよく食事に取り入れましょう。

ストレスを減らしスキンケアで改善する

メンズスキンケア大学『柿渋石鹸は本当に加齢臭に効果があるの?』によると、柿タンニンをを豊富に含む柿渋石鹸がおススメとのこと。タンニンとはポリフェノールの一種で、抗酸化作用もあります。ですから、悪臭を抑える効果もあるという訳。

その他、髪の毛の洗い方も改善しましょう。洗髪しすぎると髪の毛が痛むという理由で、シャンプーを十分に落とさないままお風呂を出てしまう人がいると聞きます。しかし、シャンプーをしっかり落とさないと、ここから雑菌が繁殖する場合も。気をつけたいものですね。

意外な原因としてはストレスや睡眠不足も加齢臭の原因になりえます。人はストレスにさらされると副腎皮質ホルモンという物質を分泌します。このホルモン。加齢臭の原因となる活性酸素を増加させてしまう作用があります。

適度に運動し、睡眠を十分にとって、ストレスを抜く工夫をしましょう。

こうした地道な努力が、加齢臭を防止し、「おばさん」への転落を防ぐことになるのですね。本当は年を取りたくないけれど、せっかく取るのなら40代、50代になった時、美魔女と呼ばれる女性になりたいものです。


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る