ウォーキングがダイエット・アンチエイジング・メンタルに効く本当の理由

健康管理、運動不足が気になるけど、忙しくて何もやってない…
とおっしゃる方は多いのではないでしょうか。
20代、30代の女性は仕事、家庭生活で毎日忙しく、
運動する暇なんてない!って思っていらっしゃる方も多いと思います。

そこで、おススメなのがウォーキングです。
ウォーキングのいいところは、誰でも無理なく楽しくできるエクササイズだということです。
歩くことで健康維持はもちろん、ストレス解消にもなります。
また、車や自転車よりもゆっくり移動しますので、新しいお店の発見するなど、意外と多方面で効果が図れるエクササイズなんですよ。

さらに、他のスポーツに比べて、体への負担も軽く、服装も自由です。
気軽に始められるところがいいですね。

ウォーキングの効果としてよく言われているのがダイエット、メンタルヘルスやアンチエイジングの効果です。

まずは、「ダイエット」の効果です。
歩くときには、大きな筋肉をたくさん使いますから、その分エネルギーもたくさん使います。
ウォーキングは有酸素運動で、有酸素運動のエネルギーの原料として体内に蓄積された体脂肪を使いやすいのです。
歩くことが脂肪燃焼に効果があるから、ダイエットにつながっているんですね。

次に、「メンタルヘルス」の効果です。
ウォーキングは「うつ病」の予防に効果があると言われています。
忙しい女性、たくさんストレスを抱えて辛いこと、良くありますよね。
ウォーキングで気分転換を図り、ストレスを解消する効果が期待できます。

最後に「アンチエイジング」の効果です。


今は若いから考えないかもしれませんが、年を重ねてくると気になることの一つが「骨粗しょう症」です。
骨は生まれ変わっていることをご存知ですか。
毎日の生活が大切なんですよ。
骨は負荷をかけることで強くなると言われています。
ウォーキングすると骨を強くすることにつながり、自然と骨粗しょう症予防になります。

ウォーキングを続けるコツとして、成果を数値化するとやる気をアップさせることができます。
今はスマホのアプリなど便利な機能もありますので、簡単にできます。

ウォーキングを生活の一部に取り入れて、上手に健康管理したいですね。

季節もよくなってきた春。
あなたもウォーキングを始めましょう。