パワースポット参拝時の注意点!こんな失敗してない?

パワースポットの落とし穴

金運アップや仕事運アップ。恋愛だって、全部叶えてくれそうなパワースポット。地方だけでなく、都内、大阪府内などの都市部にも数多くのパワースポットがありますから、手軽に運気を向上させてくれると、今密かにパワースポット巡りが人気です。

そんなブームの真っただ中ですが、正しい知識を身に付けて参拝しなければ、パワーをもらえるだけでなく、パワーダウンしてしまうこともあるってご存知でした?

そこで本日は、パワースポット参拝時の注意点について考えてみたいと思います。

パワースポットが実は不浄の場所なことも

ひとたびパワースポットとして名前が挙がった名所や神社仏閣は、そのパワーを求めてたくさんの人が訪れることになります。

神様からすれば、テレビに取り上げられて一躍有名人。多くのファンがついた!と芸能人バリに嬉しい悲鳴をあげているかもしれませんね。

しかし、実は、ここに落とし穴があります。パワースポットを訪れる人の特徴として、「自分は元気でこれ以上の幸せな人生はない!」とウハウハな人って行くでしょうか?

大なり小なり、パワースポット巡りをする人は、何かしらの悩みや願いがあるものです。中には、誰かを貶めてやろう、楽して生きてやろう!などと、よからぬ気持ちで訪れる人もいる訳です。

つまり、パワースポットには負のパワーも流れていることです。もし、あなたが精神的に相当参ってしまっている状況なら参拝はおススメしません。なぜなら、負のパワーに負けてしまい、より一層、元気を失うこともあり得るからです。パワースポットは、あくまでもパワーを増加させる場所であるという認識で臨みたいものですね。

パワースポットから何かを持ち帰ってはいけない

多くの場合、パワースポットは神様。つまり、神道やアニミズムの系統をひいています。もちろん、そこで販売されているお守りなどを買って、身近に置いておくことは良いことであるのは分かりますが、中には考えられないことをする人がいます。

パワースポットの植物や石、木の枝などを折ったり切ったりしてお守りとして持ち帰ってしまう人がいます。これが、神社だったりすると、そんなことはしないのに、社がない自然そのままのパワースポットではたまに見かけることがありますね。

パワースポットにある植物や木は、そこで生きてこそ意味があります。その命を奪ってパワーがもらえる訳はありませんね?

パワースポットにも相性がある

例えば、同じ水にも硬水と軟水があります。硬水が体に合っている人もいれば、軟水の方が良いという人もいるでしょう。

パワースポットも同じです。必ずしも有名なパワースポットを訪れたかといって、自分も幸せになれるとは限りません。そこには相性があるのです。

では、そうすれば相性を調べることができるのでしょうか?その方法は案外簡単です。

一般的にパワースポットの効果は、参拝してから1週間から1カ月程度続くと言われています。つまり、この間に、運気が向上したり、元気が出た!と感じるのであればOKということ。

一方、参拝してから体調が悪くなったり、運気が向上しない場合は、他のパワースポットを試してみた方がよさそうです。

いかがでしたか?パワースポットというと誰でも手軽に幸せになれそうですが、意外な落とし穴があるとは思いませんか?本日の注意点を意識しながら参拝をしたいものです。