睡眠改善薬が効かない場合も!?実は鼻炎薬と同じ成分



ちょっと、私事になりますが、一時期、夜、寝付けないことが多く、市販の睡眠改善薬を服用していたことがありました。ドリエルではないですが、ドリエルのような睡眠改善薬です。

しかし、あまり眠くならないばかりか、朝、起きても中々頭が冴えない!これはいかん!という訳で、もっと早く行っていればいいものを遅ればせながら病院へ行ってきました。

そこで知った驚愕の事実。実は、市販されている睡眠改善薬は、「睡眠薬」とは異なり、ジフェンヒドラミン塩酸塩という鼻炎薬などに使われる成分を応用しただけの薬だったということです。従って、眠くなる効果も強くない!というのです。

ジフェンヒドラミン塩酸塩とは?

エスエス製薬のホームページ『薬の成分ディクショナリー』では、ジフェンヒドラミン塩酸塩を、「体内でくしゃみ、鼻水、かゆみなどのアレルギー症状を引き起こすヒスタミンの作用を抑えて、鼻炎や皮膚の症状を抑える効果をあらわす抗ヒスタミン薬です。」と解説しています。

つまり、アレルギー症状のための成分だったのです。

確かに風邪薬や鼻炎薬は、服用後、眠くなることがあるので車の運転は控えましょうというような注意書きを見かけたことがありますね。

さらにホームページでは、「睡眠改善薬として、一時的な軽い不眠に使われています。」とも書いています。つまり、慢性的な不眠症には効かないということなのでしょう。知らないって罪・・・。

睡眠の薬には様々な種類があった

睡眠を促す薬にはいくつか種類があり、ドリエルなど市販されている睡眠のための薬は、「睡眠改善薬」と呼ばれています。一方、「睡眠薬」は、脳内の睡眠に関連するホルモンに働きかけて睡眠を誘導する薬です。さらに、その中でも入眠を改善するものが「睡眠導入剤」と呼ばれ、「睡眠薬」や「睡眠導入剤」は、医師の処方箋が必要です。

もちろん、効果の高い「睡眠薬」が薬局などで手に入らないのにも訳があり、副作用もあるということ。だからこそ、医師の診断なくして手に入らないということなのです。

うーむ。うまい話は転がっていないということなんですね。

厚生労働省の調査によると国民の20人に1人が睡眠薬の処方を受けているなんて話もあるようで、実際、眠りに困っているのはあなただけではありません。

しっかり、薬のことを理解して、ちゃんと病院に行きたいものですね。


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る