トイレのお掃除。輪っかな『黒ずみ』を楽して防止する巷のテクニック



小林製薬のトイレ掃除洗剤『サボったリング』。もはや、商品名がトイレの輪っか状の黒墨のことを指すようになってしまいました。

『サボったリング』とは上手い商品名をつけたな!と思えるくらい、トイレ掃除をサボってしまうと、本当に便器の中に黒くラインが入ってしまい、ブラシでゴシゴシ洗っても、全然落ちない!にっくき汚れですね。

いつでも、手元にサボったリングがある訳ではありません。トイレの黒墨撃退したいけど、『サボったリング』を購入する以外にどんな方法があるのかしら?そんな疑問を元に巷の撃退法を調べてみました。

カビキラーで2年間黒ずみを撃退できた

トイレの黒ずみの原因はお察しの通り、カビによるもの。カビを撃退できれば黒ずみなんか怖くない!ってなわけで、最強の洗剤を使って撃退した方も。『なおん』のドアラ観戦日記によると、カビキラーをトイレの黒ずみに吹きかけしばらく放置。後は、流すだけ・・・。この方法で驚きの白さに!(まるで食器洗い洗剤のCMのよう)

その効果や絶大で、洗浄後2年間もの間、カビずに黒ずみを防止できたとのこと。

筆者も早速試してみました。シュシュ!と吹きかけると、シュワシュワと凄まじい泡と、強烈な刺激臭。換気扇を十分に回して10分ほど放置。その後、水で流すとブラシで擦らずに綺麗になってしまいました。2年間黒ずみが出ないかは定かでありませんが、このまま様子を見たいと思いますね。

プロはコーティング剤を用いる?

筆者が現在のマンションに引っ越してきてから早3年。初めて小林製薬の『サボったリング』を購入したのが転居後2年目くらいだったと記憶しています。

つまり、引っ越してからしばらくの間はトイレの黒ずみはあまりなかったということ。(ただのズボラとの噂も)

入居前はハウスクリーニングが行われているはずですから、ここに黒ずみを防止する秘訣があるのではないでしょうか?そこで、プロの仕事について調べてみました。

すると、こんな商品を発見しました。クレンザーなどで黒ずみを落としてからガラスコーティングをしてしまう方法です。そして、プロ用のコーティング剤が販売されているではありませんか!

お掃除ソムリエ『便器キレイ ガラスコーティング(プロ仕様)のセット』では、プロ仕様のガラスコーティング剤の販売から使用方法まで解説しております。

便器は通常、陶器製。つまり、カビなどの微生物が陶器の素材に入り込みやすい構造です。その点、元々カビが入りにくいガラスでコートしてしまえば、とっても楽ちん。この方法は案外思いつかなかったですね。

いかがでしたか?サボったリングもいいけど、もっと調べてみると、他にも色々な対処法があることが分かりました。あなたの大掃除でも参考にしてみてくださいね!


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る